BLOG » DM-X(パワーダウントランス)の問い合わせ

カテゴリー:
BLOG, DM-X, 投稿
タグ :

DM-X(パワーダウントランス)の問い合わせ

FacebookTwittertumblrGoogle+

先日DM-Xについて同様のご質問、お問い合わせを数件いただききましたので

ご紹介させて頂きます。

 

「DM-Xの仕様について、4Ω~16Ωとの表記がありますが、2Ωのアンプは使用出来ないのですか?」

 

通常の使用では2Ωのものは使用することは出来ません。

ですが、2Ωで使用できるように改造することが可能なんです!

 

DM-Xの2Ω改造と、購入店へご連絡頂ければ対応を致します。

*別途改造費がかかります。

 

 

 

dmx

 

パワーダウントランスDM-Xとは

アンプ(パワーアンプ)とスピーカーの間に接続して音質を変えずに音量を下げるものです。

 

真空管のギターアンプの歪みはプリアンプとパワーアンプの双方で作られる為

音量を下げるとパワーアンプの歪みがなくなり、細いやせたサウンドになってしまいます。

また小型のアンプでも音量をかなり大きくしないとアンプ本来のドライブサウンドが出ません。

 

そこでアンプの音量を上げたサウンドのまま音量を下げるのにこのパワーダウントランスが必要になります。

Ex-proではトランス式を採用しているので、極めて自然に音量だけ下げることが出来ます。

 

そしてDM-Xの使用方法のもう一つの特徴としまして、

 

ダミー抵抗として使うことも出来ます。

 

PHONE/LINEのOUTもあるので、スピーカーを接続せずにアンプからLINEOUTのみで使用できます。

 

*キャビに繋がない場合は必ずツマミを1%にしてご使用下さい。