PRODUCT

PRODUCTS » CABLE (Ex-pro)

FTP SERIES パッチケーブル

FacebookTwittertumblrGoogle+

 

FacebookTwittertumblrGoogle+
Flexible(柔軟性)Tough(頑丈)高音質パッチケーブル「FTPシリーズ」

PCシリーズでも高い柔軟性と高音質を両立していました。FTPシリーズでは内部の絶縁材に、これまで音響ケーブルでの使用がほとんど無かった素材を採用し、柔軟性と強度を大幅に向上させることが出来ました。そしてFTPシリーズを開発する上で、パッチケーブルは音の劣化を最小限にするのはもちろんのこと、“エフェクト音の向上を重要視する”というコンセプトを掲げました。エフェクトボード内でのパッチケーブルの役目は、エフェクターを狭いスペースに収める為にただ小型にするだけでなく、本来のエフェクト音を充分に伝達する重要なアイテムとして考え完成したのがFTPシリーズです。音の輪郭がしっかりと出てレスポンスの良さを実感できるのでエフェクトの効きが良くなったように感じていただけるはずです。そしてたくさんの本数が必要になるパッチケーブルではなるべく1本の価格を下げて欲しいとの要望を頂きます。そこでFTPシリーズではプラグキャップの印刷や砂打ち加工を無くすことなどで以前のパッチケーブルよりも価格を約20%下げることに成功。その代わりプラグキャップにはブラックニッケル加工を施し高級感を損なわないデザインとなっています。

 

高品質プラグ

音質はケーブルだけでなく、プラグやプラグキャップでも大きく変化します。他のEx-proブランドのケーブル同様FTPシリーズでもプラグに海外メーカー品のジャックに対してもガタが無く、安定した接触性を持ち、且つ高音質のカスタムメイド品を採用。又、プラグキャップには、ストレート型、L型共に特殊黄銅削り出し品を使用し、原音以外の余計な響きを排しています。
2016年よりストレートプラグもL字型プラグ、NLプラグもすべて内部構造のチップ部とパイプ部が一体化になりました。今まで以上に”音抜けが良い”音色へとパワーアップしました。

IMG_4921

 

プラグキャップカラー

Ex-proのプラグキャップは今までカラー帯状のロゴ印刷と砂打ち加工が特徴でしたが、このFTPシリーズからはブラックメッキ加工を施すようになりました!

長さ・価格

60cmを新たに加えたラインナップで、15cm、20cm、30cm、40cm、50cm、60cm、75cm、1mとなりました。
価格は15cmと20cm、30と40と50cm、60と75と1mがそれぞれ同じ価格に設定。

 

実用新案取得 長尺L字型フォンプラグ「NL」仕様も特注できます。

ジャック回りの障害物や、落としこまれたジャック等でL字型フォンプラグを使用出来ない状況が有ります。ストレート・プラグでは抜けてしまうトラブルなどがあるので、なんとかL型で接続したいという場合にこのNLプラグが役に立ちます。㈱神田商会とEx-proの共同開発でうまれたこのL字プラグを、FTPシリーズにも特注使用することとなりました。片側NLプラグにするには定価+¥260(税別)、両側をNLプラグにするには定価+¥520(税別)となります。 NL詳細ページ

 

 

 

COMMENTS

  • 原田喧太

    先日発売されたEx-proの新しいパッチケーブル。早速試してみた。従来の物よりケーブル部が細くなっており、エフェクト繋ぐ時のストレスもなく、ボード組んだ時に見た目もスッキリ。直列で8個繋いでも音の劣化は少ないので、かなり良いですね(^^)全部このケーブルにチェンジしましょうW(`0`)W

    原田喧太
  • 中村達也(BLINDMAN)

    自分は20年近くEx-pro社のケーブルを使っているのですが、最近パッチケーブルがリニューアルされていました。ちょっと細くなって扱いやすくてよいです。音は3本入れ替えてみましたが、自分には特に変化は判りません。つまり細くなっても素晴らしいということです。おまけに、ちょっと安くなったらしいっす。近々全部これにしよう。

    中村達也(BLINDMAN)
  • 玲央(lynch.)

    今回、長年愛用してきたPCシリーズの生産完了のアナウンスを受け、今後の調達の容易さなどを考慮し、全てのパッチケーブルをFTPシリーズに変更しました。音、扱いやすさともにベストとも言えるPCシリーズからの変更は、僕の中ではかなり思い切った行動ではありましたが、新たに手にしたFTPシリーズは「さすがケーブルメーカーのEx-pro」と言えるだけのクオリティーで、なんの問題もなく移行することが出来ました。
    変更に際して個人的に感じた利点として
    ・ケーブル径が細くなったことにより以前にも増して取り回しの良くなった
    ・カテゴリーを問わず、エフェクトの乗りが良くなった
    ・よりクリアに、タイトになった
    という3点が挙げられます。
    特に気に入ったのは「よりクリアに、タイトになった」という部分で、これは僕にとっても嬉しい誤算でした。音数の多い現代の音楽シーンにおいては互いの音が干渉し易く、往々にして「誰かの音が聞こえない」という状況に陥りがちですが、FTPシリーズを使用することにより、他の楽器の音色を損なうことなく自身の音色を押し出すことが出来きるので、結果的にサウンド全体を良い方向へ導いてくれることでしょう。
    たかがパッチケーブルと軽視されがちですが、このFTPシリーズは間違いなく僕のサウンドシステムの大きな一因となっています。

    玲央(lynch.)