PRODUCT

PRODUCTS » OTHERS

PS-2 DCパワーサプライ

FacebookTwittertumblrGoogle+
FacebookTwittertumblrGoogle+

発売中

7V~18V可変可能なDCパワーサプライ。

用途に合わせ3種類の電圧をセッティング。

高電圧・大容量・可変電圧

前機種「PS-1」の特徴は高電圧と安定化電源、プロ仕様を考慮しそれぞれの出力電流制限無し(入力のアダプタによります)という大きな特徴を持って皆様にご好評頂いておりました。その特徴を受け継ぎ新たに電圧可変出力を加えた「PS-2」が完成いたしました。一般的な9Vタイプのエフェクターでも高電圧の方が音に力が出ます。本機も低内部インピーダンスで定評のあるデュラセル社9V電池「PROCELL」の初期電圧と同じ9.8Vを安定化電源回路により正確に供給します。

「PS-2」のDC/DCコンバータはスイッチング周波数を1MHz近くに設定、ノイズを極端に抑制。各使用部品も厳選し大電流出力が可能。 そしてDDコンの後には高性能のレギュレーターを搭載。 オシロスコープの波形が証明するようにノイズレスで電池に近いDC出力を実現。

そして「PS-2」の大きな特徴の一つとして電圧が目視できることです。9.8V出力は電圧固定ですが、新たに加わった「7V~18V可変出力」では、18Vや15V、12V動作のエフェクターに対応するだけでなく、消耗し始めた006P(9V電池)で動作するエフェクターのサウンドを意図的に再現できるように9V以下にも設定できます。インジケーターで電圧を目視しながら設定できるので微妙な電圧変更も可能になります。その7V~18V電圧可変出力は2系統搭載。9.8V×8出力/7V~18V×2出力/7V~18V×2出力 と3種類の電圧、合計12出力。9.8V出力は合計1000mA、7V~18Vはそれぞれ500mA、合計2000mA(2A)と高電流設計。

ライブハウス・レコーディングスタジオ対応

ライブハウスの電源電圧は一般的に低めで、照明と共用している場合等はAC95~92V近くまで下がっていることもめずらしくありません。そのあたりの電圧まで下がると安定化電源を内蔵したパワーサプライであっても、DC供給が不安定になり音に力がなくなってしまいます。PS-2はAC88Vまで低下した電圧でも正常動作を保証しています。また7V~18V可変できるのでレコーディングでいくつものACアダプターを使用したり、減り始めた9V電池を使用する必要がなくなります。

オーバーロード時

9.8V出力では合計1000mA、7V~18V可変出力はそれぞれ500mAを超えるとインジケーターがOVERLOAD「OL」と表示して警告します。DCコードのショート時にも同じくインジケーターが「OL」と表示されます。

 

DC出力ジャック配置

PS-2では出力DCジャックを上段下段ずらして配置することで、L型のDCプラグを差込みケーブルが真下に配線でき、抜けるなどのトラブルを防ぎます。

別売りノイズフィルター「NF-1」

1台のパワーサプライから複数のエフェクターに供給すると、デジタルエフェクターのノイズが音声信号に乗ってしまい、無音時で目立つということがあります。ですのでデジタルエフェクターなどは単独のACアダプターより供給するのが妥当でした。そこでEx-proでは新パワーサプライ「PS-2」を発売するにあたり、そういったノイズを防ぐことが出来るノイズフィルター(アイソレーター)を同時発売することとなりました。ノイズ源となるエフェクターとパワーサプライの間に接続するだけでデジタルノイズが解消されます。 詳細ページ http://ex-pro.co.jp/product/nf-1/

NF-1_3

COMMENTS

  • 福田 洋也

    電源アダプターにはずっと頭を悩ませて来ました。
    個々のエフェクターのアンペアやボルテージが異なる為、配線やケーブルの取り回しが大変で。
    「PS-2」は見た目を良く、操作性にも優れ、安心して使えます。

    福田 洋也