PRODUCT

PRODUCTS » CABLE (Ex-pro)

KYB-2 プラグ保護カバー

FacebookTwittertumblrGoogle+
FacebookTwittertumblrGoogle+

シールドケーブルのプラグをジャックに接続している状態でプラグを回したり、触ったりするとノイズが出ることが多々あります。

原因の一つとして、シールドケーブルのフォンプラグの先端(TIP)や、同じくプラグのシールド部分(スリーブ部)の傷や汚れでおこる場合があります。
ケーブル(プラグ、コネクタ)を接続したままの状態が多いオーディオ機器の配線にくらべて、ギターなどの楽器用ケーブルは頻繁に抜き差しするため、接続していない時にプラグに傷がついたり汚れが付着したりします。
そこでEx-proでは、フォンプラグ先端を保護するプラグ保護カバーをこの度開発いたしました。
特殊加工によりプラグ部の汚れや傷を防ぐだけではなく、サビなどの腐食も予防できますので、大切なケーブルの保管に役立ちます。
Ex-proオリジナルプラグはもちろん、他社(海外製)のプラグにも装着可能です。

 

注)同規格でもフォンプラグ先端の形状は各メーカーによって若干の違いはありますので装着できないプラグもあります。
Ex-proケーブルのプラグの先端は製造時期によって若干の形状変更をしております。
ですので、このプラグ保護カバーの装着具合に違いが出ることがあります。
また、プラグ保護カバーを装着した際に1mmほどの隙間ができることがあります。これも先端の形状変更に伴った対応ですので問題ございません。

 

Ex-proオリジナル・フォンプラグとプラグカバーKYB-2の形状のお話し

一般的に楽器で使われる標準フォンプラグには6.3mmという規格があるものの、

プラグ先端の形状には明確な世界標準の規格はなく、

ざっくりと「6.3mmの太さの端子」と言うことで統一されています。

 

ですので、フォンプラグの形状は各メーカーごとに形は異なり、

フォンジャックとフォンプラグの接合性にはかなりの差がございます。

Ex-proのシールドケーブルで使用しているEx-proオリジナル・プラグは、

ギターやベースなどのアウトジャックに多く使われているスイッチクラフト社製のジャック

との接合性を重視して作製しています。

それは音質の向上に大きく影響します。

plughikaku

そして、プラグ保護カバー【KYB-2】を作製する上で、

Ex-proケーブルのオリジナル・プラグとの接合性を一番に考えております。
0.0何mmのプラグの太さの違いも、ジャックとの接合性に大きく影響が出てしまいますので、

Ex-proオリジナル・プラグは他社プラグよりも少し太くなっております。(ジャックとの相性、接合性でいうと規格通り)

従いまして、ギターやベースのOUTPUTジャックや、アンプのINPUTジャックとの接合性に重点を置いていないシールドケーブルの

プラグにKYB‐2を使用されますと、緩く固定できないことがございます。(細く、チップの形状も異なるので)

それはKYB-2の不具合ではなく、Ex-proが考える音質面、接合性がベストの形状・太さではないプラグなので、

KYB-2を抜き差ししてもスカスカで固定できないということなのです。