BLOG



HIDE-ZOU (D) が使用するEx-pro製品

FacebookTwittertumblrGoogle+

Dのギタリスト HIDE-ZOUさんより、

ケーブルの追加依頼を頂きましたのでご紹介致します。

 

HIDE-ZOU

 

Ex-pro シールドケーブル

・FL-02LL [FLシリーズ 20cm L字×L字] ×1

・FL-05LL [FLシリーズ 50cm L字×L字] ×1

 

FL-02LL

 

 

FLシリーズ詳細ページ

 

シールドケーブル FLシリーズは、パッチケーブルとして使用できる

短いタイプもレギュラーラインナップされています。

 

パッチケーブル FTPシリーズと併せて、サウンドシステム構築に

ご活用下さい。

 

D Official Site

 

 

New

いーえくす・ぷろ便りvol.24

FacebookTwittertumblrGoogle+

皆様、こんにちは。

Ex-proの間渕です。

 

一気に寒くなりましたね。

昼夜の寒暖差もありますので、体調を崩さないようお気を付け下さいませ。

 

さて、 今回のいーえくす・ぷろ便りは、製品紹介にもどりたいと思います。

 

 

 

今回ご紹介するのは、

バランス・マイクケーブル CCシリーズ

です。

 

CCseries3

 

 

 

 

Ex-pro製品というと、

ワイヤレスやシールドケーブルをイメージされる方が多いかと思います。

 

 

しかし、このバランス・マイクケーブルも陰ながら活躍をしているのです。

多くのミュージシャンやスタジオにも提供してきております。

 

 

CC_series2

 

広ダイナミックレンジ、突き抜ける高温と音の立ち上がりのよさは、

ヴォーカリストが心地よく唄えるための必須条件、と位置づけて開発されたのがこのマイクケーブルです。

 

 

Ex-proオリジナル3芯シールドと独自の配線。

ITT CANONとの組み合わせ。

 

これらにより、外部ノイズにも強く、クリアな音色を感じていただけるはずです。

 

 

結線図

上記が、Ex-proのマイクケーブルの結線図です。

 

通常の、ホット、コールドの2芯にグランドを加えた3芯をシールド線で覆っています。

 

結線は、

出力側のオス端子でグランドとシールド線が結ばれ

入力側のメス端子ではシールド側はオープンとなっています。

 

つまり、

シールド線は入出力間の導線には関与せず、純粋にシールドとしてのみ作用します。

従来のものはホットとコールド間のアンバランス成分がシールド線を流れることで、

音質の劣化を招いていました。

ですので、

シールド線とは独立したグランド線を有する3芯方式に因る音質の向上は歴然です。

 

 

 

50cm、1m、2m、3mと短い長さのご用意もございますので、宅録用での使用にもオススメです。

 

 

是非お近くの楽器点店さんにお問い合わせくださいませ。

New
タグ :

goe(aphasia)が使うEx-pro製品

FacebookTwittertumblrGoogle+

aphasiaのギタリストgoeさんより

ケーブルのご依頼がございましたのでご紹介致します。

 

0011_xlarge

 

シールドケーブル

・FL-7LS FLシリーズ 7m L字×ストレート  ×2本

 

FL2017

 

aphasia official website

 

新井崇之 (LIPHLICH) が使用するEx-pro製品

FacebookTwittertumblrGoogle+

先日 Ex-proモニターになられた

LIPHLICHのギタリスト 新井崇之さんより、

シールドケーブル FLシリーズについての

コメントを頂きましたのでご紹介致します。

 

新井崇之(LIPHLICH)

 

以下、新井さんのコメントです。

 

弾いた時のレスポンスが早くなった気がします。

パワーコードを弾いた時に今まで身体で感じなかった音圧を感じました。

音がしっかりと前に塊になって出てくる印象です。

良い感じに引き締まりました。欲しかった部分が出てくれてます。

クランチサウンドでコードを弾いた時は各弦の音が綺麗に聴こえてきました。

ただ音が太くなる成分が強調されるだけでは無いところが素晴らしいです。

結果、音の抜けも抜群に良くなり

ソロを弾いた時の音の力強さや艶がより出てきて気持ち良いです。

ここまで変わったのは本当にビックリでケーブル類は全部買え揃えたいなと思いました。

バンドアンサンブルにとてもいい効果を足してくれました。

最高です。

1新井ボード

2新井ボード

FL2017

Ex-pro シールドケーブル FLシリーズ詳細ページ

足元のボードからアンプに繋がるケーブル1本でも

ここまで音に違いが出ます。

ぜひ皆様もサウンドシステム構築の参考になさって下さい。

LIPHLICH Official Site

一ノ瀬 (絶対倶楽部) が使用するEx-pro製品

FacebookTwittertumblrGoogle+

本日、絶対倶楽部のベーシスト

一ノ瀬さんが来社されました。

 

一ノ瀬来社2019.11.08

 

先日お預かりしたエフェクターボードを使いやすいようにレイアウトを変更し、

Ex-proケーブルで組み直しましたので本日はそのお渡しです。

 

今回、こちらのボードを

 

一ノ瀬ボード9

 

 

このように組み直しました。

 

一ノ瀬ボード1

 

使用したパッチケーブルは Ex-pro FTPシリーズ

エフェクター電源供給用ケーブルは DCシリーズです。

 

FTP_pac

DC-LS_NEW_PAC2018

 

 

一ノ瀬さんがボード内のエフェクターでライブ中にON/OFFを切換えるのは、

チューナーとしても使用しているワイヤレス受信機と

左端のプリアンプだけとの事でしたので、

ワイヤレス受信機をボードの手前に配置しました。

また、このボードは落とし込みなので、この位置ですと

ライブ中に送信機にトラブルが起きて 急遽ワイアードで対応する事になった時に

受信機のインプットジャックが使用出来ません。

そこで、台座を設けて受信機を底上げしました。

 

一ノ瀬ボード8

 

これで万が一の時も安心。

 

レコーディングの際はワイヤレス受信機は介さず

一番最初の信号の入口がコンプレッサーになりますが、

隣のパワーサプライが邪魔でパッチケーブルとシールドケーブルの抜き差しがしづらいので、

 

一ノ瀬ボード2

 

ここも台座でコンプレッサーを底上げして、

ケーブル差し替えの際にパワーサプライに手がぶつからないように配慮しました。

 

コンプレッサーから信号はオーバードライブへ流れ、

次にプリアンプへと流れていきますが、

一ノ瀬さんはライブで使用するオーバードライブを

レコーディングでは外す事の方が多いとの事です。

そこで、ボード手前のエフェクターは縁に寄せるのがセオリーですが、

オーバードライブの位置を工夫し、隣のプリアンプとジャックの位置が前後でズレるように

配置しました。

 

一ノ瀬ボード7

 

これにより、エフェクターをボードから外さなくても

簡単にどちらのプラグも外す事が出来ます。

その結果、

 

一ノ瀬ボード10

 

一瞬でレコーディングバージョンに早変わり。

オーバードライブを介さず、コンプからプリアンプへの

手動バイパスです。

 

一ノ瀬ボード6

 

こういう接続も可能。

プリアンプのインプットジャックに挿さっているプラグは、

DCケーブルのプラグ等の障害物を避けるEx-pro独自のプラグ「NL」です。

 

FTP_NL2

 

 

そして、最終的な信号の出口となるグラフィックイコライザーのアウトプットジャックも、

このままでは使用出来ませんので、台座で底上げして使用可能に。

 

一ノ瀬ボード5

 

最後に細かい部分ではありますが、

パワーサプライのアダプターにマジックテープを付けて、

 

一ノ瀬ボード4

 

ボードの空いているスペースに貼り付ければ、

運搬時にアダプターが暴れてツマミの設定を変えてしまう事もありません。

 

一ノ瀬ボード3

 

 

参考になりましたでしょうか。

 

NLプラグは

Ex-proシールドケーブル FLシリーズFAシリーズ

アコースティックギター専用シールドケーブル SOUND WOOD

Ex-proパッチケーブル FTPシリーズ

に対応しており、セミオーダーでどなたでも入手可能です。

特にパッチケーブルに使用すれば、エフェクターのDCジャックの位置は

メーカーや機種によって様々ですので、ボードを組む際に重宝すると思います。

 

詳しくはこちらをご覧下さい。

NLプラグ詳細ページ

 

 

一ノ瀬さんは現在、シールドは Ex-pro FAシリーズを使用されていますが、

今回、FLシリーズも試して頂く事になりました。

 

FA2017

FL2017

 

 

今後どちらがメインとなるのか、

ファンの皆様は要チェックですね。

 

 

絶対倶楽部 Official Site

 

 

 

 

Ex-pro新規モニター紹介~新井崇之 (LIPHLICH) ~

FacebookTwittertumblrGoogle+

エンターテイメントロックバンド LIPHLICH のギタリスト

新井崇之さんが、新たにEx-proのモニターになられました。

 

また、ケーブルのご依頼も頂きましたので

併せてご紹介致します。

 

新井崇之(LIPHLICH)

 

・シールドケーブル FL-6LL [ Ex-pro FLシリーズ 6m L字×L字 ] ×1

 

FA LL

 

シールドケーブルでプラグ形状がL字×L字というのは

楽器店の店頭ではなかなか見かけない珍しいタイプだと思いますが、

Ex-proのシールドFLシリーズ、FAシリーズ及び、

OPREXシールドケーブル ORシリーズには

全レギュラーサイズにL字×L字仕様がラインナップされています。

 

新井さんはステージ足元からアンプまでを繋ぐのに使用されるとの事です。

ライブ用システムを組むにあたって、

新井さんのようにL字×L字の長いケーブルが欲しいという方は、

ぜひお近くの楽器店さんにご相談下さい。

 

 

LIPHLICH Official Site

 

HIROさん(La’cryma Christi)が来社されました

FacebookTwittertumblrGoogle+

本日、La’cryma ChristiのギタリストHIROさんが来社されました。

 

事前にお預かりしておりましたエフェクターボードを確認して頂きました。

 

 

 

11.7HIROさんボード

 

 

こちらに使用しているのは、

 

パッチケーブル

・FTP-015LS FTPシリーズ 15cm L字×ストレート ×1本

・FTP-03LS FTPシリーズ 30cm L字×ストレート ×1本

・FTP-04CRANK FTPシリーズ 40cm L字×L字クランク ×1本

・FTP-05LS FTPシリーズ 50cm L字×ストレート ×1本

・FTP-05LL FTPシリーズ 50cm L字×L字 ×1本

・FTP-06LS FTPシリーズ 60cm L字×ストレート ×2本

 

FTP_pac

DCケーブル

・DC-015LL DCシリーズ 15cm L字×L字 ×1本

・DC-03LL DCシリーズ 30cm L字×L字 ×2本

・DC-045LL DCシリーズ 45cm L字×L字 ×2本

 

DC-LL_NEW_PAC2018

 

そして組み替え用のパッチケーブルFTPシリーズの先には

 

 

プラグ保護カバー KYB-2

 

KYB-2W_pluginWLKYB-2Wpac

 

プラグ部のキズや汚れはトラブルの元となります。

使用時以外に、このKYB-2をつけておくことでプラグを守ってくれます。

 

 

そして、アンプまでのシールドケーブルは、

 

・FL-7SS FLシリーズ 7m ストレート×ストレート

 

FL2017

 

そして、スピーカーケーブル

 

・SPX-075 SPXシリーズ 75cm

 

amp_cable_up04

 

 

お持ち帰りは、

ケーブル専用ソフト・ケース CSC-2 にケーブルをまとめて。

 

csc-2_side

 

本城聡章,橘高文彦,内田 雄一郎(筋肉少女帯)が使うEx-pro製品

FacebookTwittertumblrGoogle+

筋肉少女帯の本城聡章さん,橘高文彦さん,内田 雄一郎さんから、

ケーブルの追加依頼がございましたのでご紹介致します。

 

本城さん橘高文彦内田雄一郎

 

本城聡章さん分

 

パッチケーブル

・FTP-03LS FTPシリーズ 30cm L字×ストレート ×2本

・特注 FTP-035LS FTPシリーズ 35cm L字×ストレート ×6本

・FTP-1LL FTPシリーズ 1m L字×L字 ×1本

 

橘高文彦さん分

シールドケーブル

・FL-10LS FLシリーズ 10m L字×ストレート ×2本

 

パッチケーブル

・FTP-03LL FTPシリーズ 30cm L字×L字 ×1本

・FTP-04LL FTPシリーズ 40cm L字×L字 ×2本

 

内田 雄一郎さん分

シールドケーブル

・FL-5SS FLシリーズ 5m ストレート×ストレート ×2本

パッチケーブル

・FTP-05LS FTPシリーズ 50cm L字×ストレート ×2本

.

FL2017 FTP_pac

 

筋肉少女帯大情報局

Psycho le Cemuのライブにご招待頂きました

FacebookTwittertumblrGoogle+

去る10月31日 ハロウィンに開催された

Psycho le Cemuのライブにご招待頂きました。

 

ベーシストのseekさんからお預かりしていた

ワイヤレス送信機の修理品も終演後にお渡し出来ました。

 

seek

 

ワイヤレス送信機をお預かりした時はこの状態。

 

seekワイヤレス1

seekワイヤレス2

 

見事に直して使用可能な状態に戻しました。

 

今回の修理品は廃盤で現在生産しておりませんので、

残念ながら筐体そのものを新品に交換することは出来ません。

 

破損状態によっては修復が不可能ですが、

今回のseekさんのワイヤレスのように

使用可能な状態に戻せる場合もございます。

 

お手持ちのワイヤレスが写真のような状態になってしまって、

修理をあきらめてしまった方は、ぜひご相談ください。

 

Psycho le Cemu Official Site

Misha Mansoor(Periphery)ギタークリニック

FacebookTwittertumblrGoogle+

先日行われた神田商会様主催のJackson Misha Mansoor (Periphery) ギタークリニックにシールドを提供させていただきました。
Misha Mansoorさんは、ジェント系を代表するギタリストですので、野太くタイトな音を再現させるため、ギター-エフクター間とエフクター-アンプ間はFAシリーズ、エフクター間はFTPを使用していただきました。

S__40214532

 

S__40198159

 

 

S__40198167

 

 

 

S__40198169

 

 

S__40198170

 

パッチはFTPシリーズ http://ex-pro.co.jp/product/ftp-series/

FTP_pac

 

 

メインのケーブル FAシリーズ http://ex-pro.co.jp/product/fa-series/

FA2017