BLOGTag "DM-X"


タグ :

KellySIMONZ’s BLIND FAITH in 島村楽器長野店

FacebookTwittertumblrGoogle+

1月31日土曜日

KellySIMONZ’s BLIND FAITHによるバンドテクニックセミナー&ミニライブが島村楽器長野店でおこなわれるそうです!!

 
kbf
限定数25人ということなので急いでチェックしてみて下さい!!

 

日程 2015年1月31日(土)
時間 開場14:45/ 開演15:00
会場 長野店Aスタジオ
講師バンド KellySIMONZ’s BLIND FAITH
参加料金(税込) 会員¥3,240(島村メンバーシップカードお持ちの方)、一般¥4,320
定員 25名

 

〒380-0823長野県長野市南千歳1-3-6K’sスクエア 3F

026-223-7111

 

 

そこでKellySIMONZさんがEx-proアッテネーター「DM-X」を試されるそうですのでそれも是非チェックしてみて下さい!
DM-X
 

 

 

タグ :

アッテネーター「DM-X」に関しまして

FacebookTwittertumblrGoogle+

最近パワーダウントランス「DM-X」の問い合わせ、ご注文が急増しておりますので、

あらためてご紹介いたします。

 

 

DM-X(パワーダウントランス/アッテネーター)

 

DM-X

 

 

アンプ(パワーアンプ)とスピーカーの間に接続して音質を変えずに音量を下げるものです。

 

何故必要なのか??

 

真空管のギターアンプの歪みはプリアンプとパワーアンプの双方で作られる為

音量を下げるとパワーアンプの歪みがなくなり、細いやせたサウンドになってしまいます。

また小型のアンプでも音量をかなり大きくしないとアンプ本来のドライブサウンドが出ません。

 

そこでアンプの音量を上げたサウンドのまま音量を下げるのにこのパワーダウントランスが必要になります。

 

他のアッテネーターは抵抗式ですが、Ex-proのDM-Xは唯一のトランス式ですので、極めて自然に音量だけ下げることが出来ます。

 

そしてDM-Xの使用方法のもう一つの大きな特徴としまして、

 

ダミーロードとして使うことも出来ます。

 

PHONE/LINEのOUTもあるので、スピーカーを接続せずにアンプからLINEOUTのみで使用できます。

 

ということは、普段ライブで使用するヘッドアンプを、スピーカーキャビネットを繋がずに自宅でヘッドフォンで聞きながら演奏することも可能ですし、

自宅でレコーディングする際も、LINEOUTからレコ-ディング機材へ出力できます。

 

 

詳細はこちらまで

http://ex-pro.co.jp/product/dm-x/

カテゴリー:
Ex-pro からのお知らせ
タグ :

PS-2/DM-X出荷開始

FacebookTwittertumblrGoogle+

生産が間に合っておりませんでした、

パワーサプライ「PS-2」と

パワーダウントランス「DM-X」が完成しました。

 

 

本日出荷開始いたしますので、是非お近くの楽器店さんで!!

 

どこの楽器店様でも、店頭になければご注文していただきご購入可能となっております。

 

 

ps-22

 

 

 

dm-x1

カテゴリー:
DM-X, 特注アイテム
タグ :

DM-X(パワーダウントランス)と特注スピーカーケーブル

FacebookTwittertumblrGoogle+

先日コンボアンプでDM-Xを使いたい方から

スピーカーケーブルの特注依頼がありました。

 

それに伴いパワーダウントランスの問い合わせもふえてきたので

あらためてご紹介いたします。

 

 

まずはDM-X(パワーダウントランス/アッテネーター)

 

DM-X

 

 

アンプ(パワーアンプ)とスピーカーの間に接続して音質を変えずに音量を下げるものです。

 

何故必要なのか??

 

真空管のギターアンプの歪みはプリアンプとパワーアンプの双方で作られる為

音量を下げるとパワーアンプの歪みがなくなり、細いやせたサウンドになってしまいます。

また小型のアンプでも音量をかなり大きくしないとアンプ本来のドライブサウンドが出ません。

 

そこでアンプの音量を上げたサウンドのまま音量を下げるのにこのパワーダウントランスが必要になります。

 

Ex-proではトランス式を採用しているので、極めて自然に音量だけ下げることが出来ます。

 

そしてDM-Xの使用方法のもう一つの大きな特徴としまして、

 

ダミーロードとして使うことも出来ます。

 

PHONE/LINEのOUTもあるので、スピーカーを接続せずにアンプからLINEOUTのみで使用できます。

 

 

詳細はこちらまで

http://ex-pro.co.jp/product/dm-x/

 

 

 

そしてコンボアンプ用にスピーカーケーブルを特注することも少なくありません。

 

今回も特注依頼を受け製作しました。

 

コンボアンプ用スピーカーケーブルをおしらせいたします。

 

 

SPX_OD

 

 

アンプのスピーカーアウトからフォンジャックで出て、

スピーカーには上記のような接続端子を用いて接続します。

 

SPX_OD2

 

 

このようなコンボアンプ用のスピーカーケーブルの特注もお受けしておりますので、

 

是非お問い合わせいただければと思います。

タグ :

DM-X用ケース

FacebookTwittertumblrGoogle+

これ何だと思いますか?

 

 

 

これはDM-X用ケースなんです。

 

DM-Xご使用の方からの多数ご依頼をいただいております。

ですので近日製品化しようと考えております。

 

 

価格は未定ですが、内容を少しお知らせいたします。

 

 

 

 

 

DM-X専用ケースは持ち運び、セッティングも楽になり、

第一に輸送、収納時の破損を全力で防ぎます!!

 

ケースの上フタを外し、そのまま使用可能。

 

 

その他詳しい情報が決定次第お知らせいたします。

 

 

 

カテゴリー:
Ex-pro からのお知らせ
タグ :

DM-Xについて

FacebookTwittertumblrGoogle+

生産が間に合っておりませんで、ご迷惑をおかけいたしておりました

パワーダウントランス「DM-X」が入荷いたしましたのでお知らせいたします。

 

 

またDM-Xの使用方法のご質問をよく受けるようになりましたので、

これもまた抽出してお知らせいたします。

 

 

 

ダミーロードとして使えますか?

 

はい使えます。

ダミーロードとは、擬似抵抗、

いわゆるスピーカーを繋がずにアッテネーターだけを繋いでアンプを使用する際の

熱処理方法です。

宅録時のLINEOUTや自宅でのヘッドフォン使用時など、メインのヘッドアンプからキャビネットを繋がずに、このDM-Xを使用することが出来るということなんです。

ちなみにその場合はDM-Xの%メモリを1%にして下さい。

 

 

インピーダンスごとに別れていませんが・・・

 

DM-Xは4Ω〜16Ωでの使用が可能となりますので、

インピーダンスごとに別れていたり、調整したりしなくてOKです。

 

ちなみに2Ω使用の場合はEx-proにご相談ください。

 

改造も可能です!!

 

 

DM-X パワーダウントランス 定価73,500円(税込)

詳細は→http://www.ex-pro.co.jp/lm/lm09.html

店頭キャンペーンのお知らせ

FacebookTwittertumblrGoogle+

暑中お見舞い申し上げます。

 

さて8月は何かとお知らせがあります。

 

その中で楽器店さんで行っていただいているEx-pro製品のお得なキャンペーンをご紹介いたします。

 

まず大阪の楽器店さんのキャンペーン・・・

 

 

三木楽器 心斎橋店 様

ワイアレスイヤーモニター店頭試奏・体験&マウントアダプタープレゼント!

1階のデジタル機器売り場にてEx-proワイアレス・イヤーモニター

「T-100/R-100」の店頭展示を行っております。

そして今回お得なキャンペーンとしまして、このイヤーモニターのセットをご購入の方には送信機「T-100」を1Uラックにマウントできる

マウントアダプタ「SR-1」もしくは「DR-1」(定価¥5000)をなんとプレゼントしていただけるそうです!!

SR-1はT-100を1台1Uラックにマウントする際のアタッチメントで

DR-1はT-100を2台並べて1Uラックにマウントできるアタッチメントです。

ご購入の際にどちらかお選びください。

8月中に限り、三木楽器心斎橋店さんでご購入の方のみプレゼントされます!

 

ワイアレス・イヤーモニター体験も出来るそうです!!

 

期間・数量限定です!是非一度問い合わせしてみてください。

三木楽器心斎橋店

〒542-0085 大阪市中央区心斎橋筋1-9-4

TEL:06-6251-4593

営業時間:11:00A.M.〜8:00P.M.
定休日:第3火曜 8/21(火)

 

つづいて

 

 

アメリカ村プレミアムギターズ様

Ex-proアンプ周辺機器製品試奏・展示!

 

大阪アメリカ村にありますプレミアムギターズさんでは、

アンプとスピーカーの間に接続し、アンプのパワー部をボリュームUPしたときの極上の音質を変えず、スピーカーからの音量を押さえることが出来るアッテネーター

「DM-X」と

ヘッドアンプとスピーカーを繋ぐスピーカーケーブル「SPXシリーズ」

アンプのサウンド向上に不可欠な電源ケーブル「ACシリーズ」「ACCシリーズ」

を展示そして試奏出来るようになっております!!

プロのミュージシャンには定番となっているパワーアッテネーターとは・・・

この機会に是非直接試しに行ってみてください。そして「DM-X」の唯一無二な音質保持を体験してみてください。

そしてアンプ周辺機器への音質向上アプローチに不可欠な電源ケーブル・スピーカーケーブルも試しにいってみてください。

長年プロのアーティストとともに開発を続けたどり着いた完成形「ACシリーズ」「ACCシリーズ」「SPXシリーズ」を是非この機会に!

 

アメリカ村 プレミアムギターズ

大阪市中央区西心斎橋2−18−18TOPOROビル1F

tel:06-6212-2460

営業時間11:00〜20:00

 

 

同じく、アンプ周辺機器の試奏用があるお店さん

 

梅田 ESP カスタムショップ

530-0012
大阪府大阪市北区芝田1-4-8 北阪急ビル1F

営業時間
11:00〜20:00(平日、土)/ 10:00〜19:00(日祝) 
TEL 06-6376-0691 

DM-X

ACCシリーズ

ACシリーズ

 

 

すべて8月中の期間限定です。この機会に是非足を運んでみてください!

 

lynch. at 渋谷AX 機材レポ

FacebookTwittertumblrGoogle+

一昨日は渋谷AXにlynch.のワンマンにお邪魔させていただきました!!

圧倒的な音圧と洗練された音作りで感動しました!

 

ギタリストの玲央、べーシストの明徳の機材写真撮ってきましたのでUPしますね。

 

まずは玲央さんの足元↓

昨年末から今年にかけて一新したボードから少しまた変化している玲央さんの足元。

パッチケーブルはPCシリーズで統一。

メインケーブルはFAシリーズの7mのLLを使用!

9V、12VのDC電源はPS-1から供給。

このエフェクターボードの下にタップが隠れていて、側面にインレットが着いているんです!

 

そのインレットまではACシリーズの電源ケーブルを使用!

 

アンプはこちら↓

かっこええ〜!!!

 

信頼しているビルダーさんの手がけた逸品!!

その上に乗っているのがDM-X!!

パワーダウントランスですね〜

マスターボリュームが付いていない古い真空管アンプなどの魅力とは、

音量上げた時のドライブサウンド!

パワー部への過入力状態のサウンドは最高に気持ちの良いものですが、

そのままスピーカーを鳴らすととんでもない音量になりますよね。

つまりボリューム上げないと歪まないアンプはDM-Xで音量下げてくださいってことなんです。

アンプで気持ちの良い歪みを作ってその音質を保ったまま音量を下げれるのはEx-proのDM-Xだけなんです。詳細はアーティストのコメントやHPで紹介してますのでご覧なってください〜

http://www.ex-pro.co.jp/lm/lm09.html

後ろ〜↓

スピーカーケーブルはSPXシリーズで統一↓

 

 

 

お次はベースの明徳さん↓

明徳さんの足元はシンプルです!

パッチケーブルはPCシリーズで統一し、

電源は同じくPS-1から供給!!

メインケーブルはFLシリーズの5mのLSと7mのLSを使用しておられました!

 

近日お二人の使用コメントをもらえましたらUPしますね。

 

スタッフのみなさん、玲央さん、明徳さん どうもありがとうございました!!

 

lynch. http://lynch.jp/