BLOGTag "KYB-2"



Ex-proオリジナルプラグとプラグカバーのお話し

FacebookTwittertumblrGoogle+

Ex-proオリジナル・フォンプラグとプラグカバーKYB-2の形状のお話し

 

一般的に楽器で使われる標準フォンプラグには6.3mmという規格があるものの、

プラグ先端の形状には明確な世界標準の規格はなく、

ざっくりと「6.3mmの太さの端子」と言うことで統一されています。

 

ですので、フォンプラグの形状は各メーカーごとに形は異なり、

フォンジャックとフォンプラグの接合性にはかなりの差がございます。

Ex-proのシールドケーブルで使用しているEx-proオリジナル・プラグは、

ギターやベースなどのアウトジャックに多く使われているスイッチクラフト社製のジャック

との接合性を重視して作製しています。

それは音質の向上に大きく影響します。

plughikaku

 

そして、プラグ保護カバー【KYB-2】を作製する上で、

Ex-proケーブルのオリジナル・プラグとの接合性を一番に考えております。
0.0何mmのプラグの太さの違いも、ジャックとの接合性に大きく影響が出てしまいますので、

Ex-proオリジナル・プラグは他社プラグよりも少し太くなっております。(ジャックとの相性、接合性でいうと規格通り)

従いまして、ギターやベースのOUTPUTジャックや、アンプのINPUTジャックとの接合性に重点を置いていないシールドケーブルの

プラグにKYB‐2を使用されますと、緩く固定できないことがございます。(細く、チップの形状も異なるので)

それはKYB-2の不具合ではなく、Ex-proが考える音質面、接合性がベストの形状・太さではないプラグなので、

KYB-2を抜き差ししてもスカスカで固定できないということなのです。

 

Ex-proのプラグを差した場合はしっかりと固定され抜けることなくプラグ本体をカバーします。動画参照