BLOG » Category : "30volt limited"


カテゴリー:
30volt limited, BLOG, 投稿
タグ :

30volt limitedオーバードライブ

FacebookTwittertumblrGoogle+

100台限定のオーバードライブ「30volt limited」は生産は完了していますが、

まだ市場に在庫があるようで、お客様より製品の問い合わせが増えてきました。

 

そこで再度試奏動画をUPし「30volt limited」の魅力をお伝えいたします。

 

30volt limited 詳細ページ

 

http://ex-pro.co.jp/product/30volt-limited/

 

 

 

残り少ないのでお早めにGETしてください!!

カテゴリー:
30volt limited
タグ :

30volt limited レビュー KOHKI(BRAHMAN)

FacebookTwittertumblrGoogle+

こんにちは

 

前回ご紹介いたしましたBRAHMANやOVERGROUND ACOUSTIC UNDERGROUNDで活動中のギタリストKOHKIさんのエフェクターボード。その中に入っていたEx-pro30volt limited オーバードライブ。

KOHKIさんよりコメントが届きましたのでご紹介いたします。

 

 

 

「30volt limited」を通して弾いた時に感じたこと・・・

レンジが広くて音圧があり、右手のニュアンスが素直に表現できるということ、

あとは自分が持っている数個のオーバードライブ系のペダルの中で、

アンプで少し歪ませた感覚に一番近いということでした。

普段僕はラウドな歪みはメサのレクチで作り、

クリーントーンはバッドキャットで作っているのですが、

クリーントーンのニュアンスを残しつつ少し歪ませたい場合は「30volt limited」をONにします。

今のところ、GAINを9時くらい、TREBLEを4時くらい、BASSは2時〜3時くらい、

MODEは「WILD」、LEVELは使用するギターによって変えるといった感じでしょうか。

エフェクターの歪みが苦手な人や、普段クランチでカッティングやアルペジオなどをメインにしている

人にはすごく向いていると思う。

GAINを上げ目にして歪ませても使えるので結構オールマイティーにいけるんじゃないかな?

いい感じです!!

KOHKI(BRAHMAN/OVERGROUND ACOUSTIC UNDERGROUND)

 

是非参考にしてみてください。

カテゴリー:
30volt limited
タグ :

30volt limited 試奏動画

FacebookTwittertumblrGoogle+

100台限定オーバードライブ 「30volt limited」

アーティストさんからの問い合わせもかなり頂いている状況です!

ご好評いただきありがとうございます。

 

その中でギタリストの近藤健次さんの試奏動画が完成いたしましたのでUPいたします。

 

 

 

 

残りもあとわずかとなっているようです。

 

見つけたら是非音出してみてくださいね

 

近日使用ミュージシャンを発表できるはずです〜

 

 

 

カテゴリー:
30volt limited
タグ :

30volt limited 発売しました!

FacebookTwittertumblrGoogle+

お待たせしておりました数量限定オーバードライブ「30volt limited」ついに発売いたしました!!

100台限定で1〜100までひとつずつナンバリングしてあり、その番号の印刷にかなりの時間を要してしまい、

お待たせさせてしまいました。

申し訳ございませんでした・・・

 

 

ナンバーのご指定を受けずに問屋さんへと発送いたしましたので、どの店にどの番号があるか?などのご質問にはお答えができないんですが、お好きな番号を見つけに是非楽器店に問い合わせたり、足を運んで見てください。

出し惜しみなく1〜100まですべての番号を出荷いたしますので、どうぞよろしくお願いいたします。

 

音などの内容に関しましては・・・

まず以前の30voltオーバードライブとの違いは、まずGAINの効きが違うのに気付くはずです。

そして以前と比べると出力が弱くなった?と感じると思います。

 

○ギターアンプがかなり歪んでる状態(ハイゲインアンプ使用時やアンプの歪みチャンネルでGAINが高い状況など)ではギターアンプの手前のエフェクターでどれだけ増幅しても(エフェクターのボリュームを上げても)飽和した状態で、「本当にブースト(音量を上げたり)してるの?」という状況になってしまうことがありませんか?こういう状況ではエフェクターの出力をMAXまで上げてもアンプスピーカーの音量は変わらず、逆に音の線が細くなるだけだったり、ノイズが増えるだけだったりと良いことがありません。

○逆にアンプのGAINを抑えた状態やクリーンな状態だと、エフェクターのボリュームは少ししか上げてないのにエフェクター「ON」にするとかなり音量が大きくなる。などの経験もあるはずです。(ギターアンプ内での電圧増幅が少ない状態なのでエフェクターでの電圧変化がよりアンプからの出力に影響してしまってる状況。)回路にもよりますが、基本的にエフェクターのボリュームを絞るということは、エフェクターの「LOW」や「TREBLE」などのツマミでの調整が聴感上弱いものになってしまうことにつながり、そのエフェクターが持ってるポテンシャルを十分に発揮できなくなってしまいます。

 

上記の2つの問題は30volt limited のOUTLEVELを低くする要因になりました。

 

回路の構成上一概には言えないのですが、ボリュームをあまり上げれないエフェクター(すごく出力が大きくなってしまうもの)より、OUTLEVELを高い位置でセッティングできるエフェクターのほうがより音の鮮度上がり、GAIN調整・EQ調整にも有利だということ。これが今回30voltオーバードライブをモディファイし30volt limitedを作る上での答えでした。

 

まとめると「30volt limited」では・・・

1、GAIN抑えることができるので、極上のクランチサウンドが作れる。

2、おなじくGAINを抑えると歪みも音量も減り、OUTLEVELをかなり上げることができる

3、OUTLEVELを上げれるようになったので音がシャキっとし、EQの効きが良くなる。

4、高域が出るようになったし、TREBLEの可変も広く取れるようになった。

5、BASSでは今までよりもローカットできるようになったのでボトムの輪郭があるように聞こえる。

 

 

以前の30voltの持つポテンシャルをより発揮できるように、

いろんなジャンルのミュージシャンが使えるように多彩な歪みサウンドを創造できるように。

 

生産完了となってしまった30voltオーバードライブを愛用していただいてた人たちへの感謝も込めて、

100台限定のアニバーサリーモデルとして発売いたしました。

 

 

「30volt limited」を使用しているアーティストからいただいた感想です。

A、30voltの甘い中域を残しつつシャキっとした高域がでるようになった!

B、自宅の安価な小型アンプを鳴らす際にも極上のクランチサウンドを作れるようになった!

C、OUTLEVELをMAXに近いセッティングして使うとがめちゃくちゃ音の鮮度が上がってるように感じる!

 

 

世界でたった一つのその番号は、

「自分専用」の証。

 

 

是非店頭で手にとって見てください。 

 

カテゴリー:
30volt limited
タグ :

「30volt limited」発売日

FacebookTwittertumblrGoogle+

現在発売に向け進めております、100台限定オーバードライブ「30volt limited」。

ケースの塗装・印刷の作業がスムーズにいかず大幅な遅れが生じております。

発売をお待ちの皆様には大変ご迷惑お掛けいたしておりますが、もうしばらくお待ちいただければと思います。

今週中にも発売日のお知らせができると思います。

 

どうぞよろしくお願いいたします。

 

Ex-pro

カテゴリー:
30volt limited
タグ :

30volt limited 広告完成

FacebookTwittertumblrGoogle+

100台限定オーバードライブ「30volt limited」の発売が着々近づいてまいりました。

現在、雑誌社などの試奏依頼などで飛び回っている試作機くん!

ご好評いただいてうれしい限りです!!!

 

12月の発売を目前として広告が出来ましたのでお知らせいたします!!

 

30voltの後継機がセルフモディファイ・数量限定で登場!! 

ご好評いただいておりましたオーバードライブ「30volt」が惜しまれつつ生産完了となりましたが、多数のギタリストのご要望につきバージョンアップした30volt、その名も「30volt limited」を台数限定で発売することになりました。
これまでの動作電圧30Vがもたらす広ダイナミックレンジ、超低ノイズ・ロングサスティーンなどの特徴はそのままに、EQの再調整とゲインの可変範囲の変更など細部にわたりチューンナップ。エフェクターのボリュームを抑えるということは単純に音劣化させているのと同じと考えるEx-proは、出来る限りOUTLEVELを上げるセッティングが可能になるよう設計。「WILD⇔MILD」スイッチ(歪みの質感を変えるスイッチ)では以前の「SOFT」よりも甘いトーンになる「MILD」に変更。前よりもローカット・ローブースト・ハイカット・ハイブーストを感じることができる「TREBLE」と「BASS」のEQ。新しいGAIN調整ではTREBLE・BASS調整との連動性で多彩な音作りと音抜けの良さを実感していただけるはずです。GAINを抑えるとクリーンブースター〜クランチサウンド、上げていけば極上の歪みと効きの良いEQ。セッティング次第で変わるキャラクターの変化を是非堪能してください。 

 

100台限定!世界に一つのあなただけの番号を!

デザインの一部として前面に大きく表記されたシリアルナンバーは、世界にただ一つのあなただけの1台であることの証です。

 

 

 

メーカーでは番号ご指定のご依頼をお受けできません。ですので楽器店さんにお問い合わせの上、ご希望の番号の30volt limitedをお探しください。

※なおメーカーからは1〜100すべての番号を保持せず出荷いたします。