BLOGTag "ACC SERIES"



SUNAO(abingdon boys school/ever-glee)が使用するEx-pro製品

FacebookTwittertumblrGoogle+

abingdon boys school やever-gleeのギタリストであり、数々のアーティストのサポートやレコーディングに参加されているSUNAOさん。

今回Ex-proケーブル試していただき、とても気に入っていただけました!

ありがとうございます。

 

SUNAO

使用されているEx-pro製品をご紹介いたします。

 

 

●FA-4LS シールドケーブル FAシリーズ4m L字×ストレート

●FA-6LS シールドケーブル FAシリーズ6m L字×ストレート

 

FA2017FAシリーズ

 

 

●AC-1.5  電源ケーブル  ACシリーズ 1.5m

●ACC-1.5  電源ケーブル ACCシリーズ 1.5m

 

AC_newplug.2ACシリーズ

 

ACC_upACCシリーズ

 

 

 

 

 

 

そして今回はSUNAOさんからシールドケーブルFAシリーズと電源ケーブルAC、ACCシリーズを使用された際の感想をいただきましたのでUPいたします。

 

シールドは、いわばギタリストの血管。故に、高い信頼度とクオリティーをそれに追求していく事は、ミュージシャンにとって必要不可欠だと思います。何よりも、弾き心地の良い質感と「好みの音」である事は、特に重要なポイントと言えます。

僕は、レコーディングやライブでFAシリーズを使用しています。はい、「好み」です。レンジが広く、反応も速い感じでバキッとしているのが第一印象でした。音の輪郭もハッキリして高域のヌケもいい感じです。また、中域が変にギラついていたり低域が出過ぎている事も無く、ストレートにニュアンスを伝えてくれる所が気に入っています。

ナチュラルな印象のFLシリーズは、レコーディングで特にクリーン・トーンやブルージーな音色に使う事が多いです。音の太さを失わずに繊細なニュアンスを伝えてくれますね。

プラグ部も頑丈で、よほどの事でない限り断線トラブルの心配は全くなし。ケーブル本体も太くしっかりしているので、ステージ上でもさばき易く、収納もとても簡単です。

 

ACシリーズの電源ケーブルを、主に真空管パワーアンプで使用していますが、ノイズが無い事と電圧が安定することで、アンプ本来の威力を発揮出来るというか、出音によりパンチ力が増す気がします。また、交流電源の波形が安定する結果でしょうか、ステレオで鳴らした時の左右チャンネルの微妙なサウンドの誤差も改善されました。

ライブでは、ACCシリーズを使っています。比較的大音量でアンプを鳴らすのが好きですが、音が纏まってくれるというか、どんなに暴れた音でも扱いきれるようになるのがまず驚きでした。そして、ギターならではのコシも出ます。特に、真空管アンプに拘っている人には、これはもう是非オススメです。

 

(FA・FLシリーズ、AC・ACCケーブル使用)

SUNAO(abingdon boys school/ever-glee)

http://www.aabbss.com

http://everglee.net

ザ☆メンテナンスが使用するEx-pro製品

FacebookTwittertumblrGoogle+

先日ザ☆メンテナンスの皆様が下北でライブの際、会社に遊びに来てくれました!

 

ということで使用されているEx-pro製品をお知らせいたします!!

 

ANCHANG

メインケーブル:FAシリーズ

電源ケーブル:ACCシリーズ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

おやかた

メインケーブル:FAシリーズ

電源ケーブル:ACCシリーズ

oyakata

 

SHINGO☆

メインケーブル:FLシリーズ

電源ケーブル:ACシリーズ

SHINGO

 

 

お3人さんともにケーブル専用ソフトケース「CSC-1」も使用されています!!

CSC-1

 

 

FAシリーズ

FAプラグ2016

 

 

 

FLシリーズ

FLプラグ2016

 

 

 

ACCシリーズ

ACC_up

 

 

 

ACシリーズ

AC_newplug.2

高い剛性と高次元のデジタルサウンド~大野雄一(Unlimited Platinum Tracks)~

FacebookTwittertumblrGoogle+

自身のユニットで活動する傍ら、他アーティストへの楽曲提供をはじめTVやCMの制作も手がける大野雄一さん。

 

そんな大野さんが楽曲制作、デジタルミュージックに携るうえでのEx-proケーブルの存在意義についてコメントを出して下さいました。

20150114_023

以下、大野雄一さんのコメント

 

高い剛性と高次元のデジタルサウンド

まずはEx-proのシールドケーブルに関して、

音を出した時の第一印象が衝撃的で興奮したのを今でも覚えています。「デフォルメされず、空気に負けないナチュラルでクリアなアルティメットな音」音数やトラック数が多くなりがちな現代音楽の制作では特に大きなアドバンテージとなり楽器そのものの潜在能力を最大限に発揮してくれる事から今日現在、制作やライブ等では欠かせない音の伝達アイテムとなってます。使い方としてPCM音源のシンセサイザーには青いボーダーが目印のFLシリーズ。アナログシンセサイザーやアナログモデリングには、より情報量の多いFAシリーズ。多くのシンセサイザー内部はデジタルなのですが音の出口はアナログですからね。

それから電源ケーブル。ぼくの場合、ACシリーズと(3芯)ACC シリーズ(2芯)の両方を使用しています。スタジオの聞き慣れた環境だからこそ実感したのがまず音に芯が出た事とノイズが無いという事。電源ケーブル一本でここまで変わるかと(笑)。当たり前ですがシンセサイザーは電子機器なのでどの楽器よりもその効果を存分に感じる事ができます。またオーディオレコーディングした際にノイズがないので後にDAW上でEQやCOMPなどをアサインしても原音だけがきれい持ち上がり全体的に音がクリアーで高次元な音作りやMIX作業ができてます。単に音がファットになったり、ラウド傾向の物は世界中にありふれていますが楽器本来の音を崩す事無く空気に負けないクリアーなサウンドを手に入れたい方に「FAシリーズやFLシリーズ、 AC シリーズ ACCシリーズ 」はオススメです。見落としがちなシールドや電源周りですが頭の中で思い描いている音への近道は実はこういう所だったりもします。匠な日本の技術で仕上げられているジャパンオリジナルなので安心して使えるのもユーザーとして嬉しいですよね。

 

それと個人的に楽しませてもらっているのが「MINI TRSケーブル」。

iPodなどのオーディデバイスを外部機器に繋ぐケーブルなのですが、音楽を聴きながら高速道路を走っていると外の風を切る音や走っている車の音でよく聞こえない時ってあると思うんですよね。かと言ってボリュームを上げるとうるさくなったり(笑)そんな状況でもしっかり聞こえてくるので小さめでも十分楽しめるので重宝してます。

 

大野雄一(Unlimited Platinum Tracks)

 

 

電源ケーブル ACCシリーズ http://ex-pro.co.jp/product/acc-series/

 

ACC_newpac

 

 

電源ケーブル ACシリーズ  http://ex-pro.co.jp/product/ac-series/

AC2

 

FAシリーズ http://ex-pro.co.jp/product/fa-series/

FA_pac_new

 

FLシリーズ http://ex-pro.co.jp/product/fl-series/

FL_pac_new

 

 

MINI TRSケーブル http://ex-pro.co.jp/product/ministereophone-cable/

MINI STEREOPHONE CABLE

 

ACCシリーズ使用コメント~TOHRU(PET/オーライブラス)~

FacebookTwittertumblrGoogle+

パッケージもリニューアルした電源ケーブル「ACCシリーズ」。

と同時にお問い合わせを多数頂くようになりました。

ACC_newpac.w

ACC_up

 

 

 

 

 

そこでACCシリーズをベースアンプやDIだけでなく自宅の機材にも使用している

ベーシストTOHRUさんのコメントをご紹介します。

トヲル

 

 

私はベーシストとしての活動のほかコンポーザーやアレンジャーとしての活動もおこなっており、制作に関しては自宅でほとんど全ての作業を行っております。

アー ティストさんへの楽曲提供の場合はミックスまで、レコーディング参加の場合も自宅での録音データをそのまま納品するケースも最近は多いです。そのような事情もあり、録音環境にはすごく気を使うようになりました。 特に電源周りはアンプやI.Oに比べて地味な印象のせいか見落とされがちですが、音質のクオリティを大きく左右する重要なファクターだと考えています。そんなときに出会ったのがEx-proのACCシリーズでした。

まずACCシリーズを選んだ理由は機材の本来の音、エフェクト効果が向上し たからです。私が実際に自宅で録音する際、まずギター/ベースからアウトボードのマイクプリ、コンプを経由してI.Oに接続する形になります。このアウトボード部分の電源モジュールで使用するケーブルにACCシリーズを採用させていただきました。

これにより最初に効果を実感したのは、モニターから返ってくる音の解像度が上がり、よりクリアな音質に変化したことです。自分が本来ベーシストという事もあり低音処理には非常に気を使うのですが、 この辺りのサウンドの曇りが無くなると作業も快適になりますし、全体的なクオリティの向上にも深く関わってきます。

エフェクトのノリも良くなりますので、過剰なエフェクトや余計なEQ処理といったストレスからも解放されて、頭の中にあるサウンドイメージを形にしやすくなった気がします。ま た音の立ち上がりも早くなり、以前よりもしっかりと輪郭が感じられるようになりました。これによってプレイ面でもよりシビアに追及出来るようになったのは大きな収穫ですね。

個人的にはホスピタルグレードのACプラグを使っている電源ケーブルよりも、モールドタイプのACプラグを採用しているACCシリーズのほうがロスが少なく、パワーを感じました。

とにかく手軽に音質向上させるのにかなり有効なアイテムだと断言できますね。なんせコンセント差し替えるだけなんで 笑

 

TOHRU(PET/オーライブラス)

カテゴリー:
BLOG, Ex-pro からのお知らせ
タグ :

ACCシリーズのパッケージ変更に関しまして

FacebookTwittertumblrGoogle+

電源ケーブル「ACCシリーズ」のパッケージを変更することになりました。

 

新しいパッケージです。

 

コネクター部の保護と、パッケージ自体の破損防止や簡素化の為のリニューアルとなっております。

ACC_newpac.w

 

 

宜しくお願いします。

 

ACCシリーズ http://ex-pro.co.jp/product/acc-series/

Ex-proケーブル販売店~お茶の水編~

FacebookTwittertumblrGoogle+

先日お茶の水の楽器屋さんに代理店の方と一緒にお邪魔させていただきました!

 

Ex-proのケーブルを店頭展開していただいているお店さんをご紹介いたします!!

 

クロサワ楽器お茶の水駅前店さん

IMG_3450

 

 

IMG_3448

クロサワ楽器お茶の水駅前店さんでは、

4FのアクセサリーコーナーにEx-proコーナーを作っていただいております!

FLシリーズとFAシリーズをはじめ、残り少ないPCシリーズもまだ購入可能です。

 

親切な店員さんばかりですので、いろいろ尋ねて選んで下さい。

もちろん試奏用ケーブルもありますので試しに行ってみてください!!

 

IMG_3447

 

 

アコギ用ケーブル「SOUNDWOOD」もこのように展開中!

 

クロサワ楽器お茶の水駅前店

〒101-0062
東京都千代田区神田駿河台2-2 TEL:03-3293-5625

<営業時間> AM 11:00-PM8:00  

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

VIP GUITARSさん

IMG_3461

 

セットアップも行う熟練のスタッフさんがいらっしゃるVIP GUITARSさん。

その中のレジ前のスペースにOPREXの「ORシリーズ」と

「OPシリーズ」を店頭展開していただいておりました!

 

コストパフォーマンスの高いシリーズですので、是非一度試してみて下さい。

お茶の水でOPREXのケーブルを買うならVIP GUITARSさんへ!

 

VIP GUITARS

〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台1-8-6丸善ビル1F TEL : 03-3292-2041 
<営業時間> 平日 AM 11:00-PM8:00  土日祝 AM10:00-PM7:00

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

下倉楽器本店さん

IMG_3458

 

下倉楽器お茶の水本店さんは

昔からこのように説明文や特徴が書いてあるポップを作っていただき展示していただいております。

とてもわかりやすいので是非参考にしてみて下さい。

(FL、FAシリーズ)

IMG_3459

 

それと、下倉楽器さんはスピーカーケーブルもいろいろなメーカーの物を販売しておられました。

その中にEx-proのスピーカーケーブル「SPXシリーズ」も展開していただいております。

 

最近問い合わせが増えてきたので、先日各社のスピーカーケーブルを集めて試奏会をし、

目隠しで聴いた人全てが選んだのがこのシリーズ!

是非SPXシリーズが気になった方は下倉楽器お茶の水本店でお買い求め下さい。

 

下倉楽器本店

〒101-0062
東京都千代田区神田駿河台2-2 TEL:03-3293-7706

<営業時間> 平日・土曜  AM10:30~ PM7:30  日祝 AM10:00~ PM6:30

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ESP BIGBOSS新館さん

IMG_3454

 

とても広くて見やすい店内で、商品数もとても豊富!

熟練のスタッフが熱心に対応してくれるお店です!

こちらではFAシリーズとFLシリーズを展開していただいております。

ミュージシャンもたくさん来店されるお店ですので、

どんなミュージシャンがどんなケーブルを使用しているのか・・・など尋ねてみて下さい!

 

ESP BIGBOSS新館

〒101-0062
東京都千代田区神田駿河台2-1-9  TEL:03-5283-6006

<営業時間> 平日  AM11:00~ PM8:00   土日祝  AM10:00~ PM7:00

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

G-CLUB TOKYOさん

IMG_3464

gibsonの専門店G-CLUB TOKYOさん!

こちらではFAシリーズとFLシリーズを販売していただいておりました。

 

電源ケーブル「ACシリーズ」や「ACCシリーズ」の試奏用も展示していただいておりますので

是非試しに行ってください。

 

ちなみにgibsonのピックアップ「バーストバッカー」にはFAシリーズがベストマッチすると

個人的に実感しております!

 

G-CLUB TOKYO

〒101-0052
東京都千代田区神田小川町3-8  TEL:03-3295-2800

<営業時間> AM11:00~ PM8:00   

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

FA_pac_newFAシリーズ

FL_pac_newFLシリーズ

 

SOUNDWOOD_pacSOUNDWOODシリーズ

 

PC_2PCシリーズ旧パッケージ(生産完了品)

 

SPX_newSPXシリーズ

 

 

 

IKUO(BULL ZEICHEN 88)が使用するEx-pro製品

FacebookTwittertumblrGoogle+

ベーシストのIKUOさんより新たにケーブルのご注文を頂きました。

 

 

IKUO_2015

ACC-2(電源ケーブルACCシリーズ2m)×2

SPX-3(スピーカーケーブル3m)×1

SPX-5(スピーカーケーブル5m)×1

FL-7LS(FLシリーズ7m L×S)×1

FL-05SS(FLシリーズ7m L×S)×2

PC-015LL(PCシリーズ15cm L×L)×1

PC-02LL(PCシリーズ20cm L×L)×1

PC-03CRANK(PCシリーズ30cm L×逆向きL)×1

 

ACC

SPX_new

 

 

 

FL_pac_new

PC_new

 

Ashが使用するEx-pro製品

FacebookTwittertumblrGoogle+

先日ベーシストAshさんが来社されました。

その際にエフェクターボードを新しくセッティングしました。追加された製品をご紹介します。

Ash

TBX-1(スルーボックス)

DC-03

 

ACC-2(2芯の電源ケーブル)

PC-02CRANK

特注 PCケーブル 85cm CRANK

 

TBX-1

DC_pac_new

ACC_up

 

PC_new

 

kinji(Zig+Zag)が使用するEx-pro製品

FacebookTwittertumblrGoogle+
Zig+Zagのギタリストkinjiさんからケーブルの注文を頂きました。

・FL-7SS(FLシリーズ7m プラグ ストレート×ストレート)が2本
・ACC-2(2芯の電源ケーブル 2m)1本
・SPX-1.5(スピーカーケーブル 1.5m)1本
FLFLシリーズ
SPXSPXシリーズ
ACCACCシリーズ


kinji(Zig+Zag)
kinji

店頭キャンペーンのお知らせ

FacebookTwittertumblrGoogle+

暑中お見舞い申し上げます。

 

さて8月は何かとお知らせがあります。

 

その中で楽器店さんで行っていただいているEx-pro製品のお得なキャンペーンをご紹介いたします。

 

まず大阪の楽器店さんのキャンペーン・・・

 

 

三木楽器 心斎橋店 様

ワイアレスイヤーモニター店頭試奏・体験&マウントアダプタープレゼント!

1階のデジタル機器売り場にてEx-proワイアレス・イヤーモニター

「T-100/R-100」の店頭展示を行っております。

そして今回お得なキャンペーンとしまして、このイヤーモニターのセットをご購入の方には送信機「T-100」を1Uラックにマウントできる

マウントアダプタ「SR-1」もしくは「DR-1」(定価¥5000)をなんとプレゼントしていただけるそうです!!

SR-1はT-100を1台1Uラックにマウントする際のアタッチメントで

DR-1はT-100を2台並べて1Uラックにマウントできるアタッチメントです。

ご購入の際にどちらかお選びください。

8月中に限り、三木楽器心斎橋店さんでご購入の方のみプレゼントされます!

 

ワイアレス・イヤーモニター体験も出来るそうです!!

 

期間・数量限定です!是非一度問い合わせしてみてください。

三木楽器心斎橋店

〒542-0085 大阪市中央区心斎橋筋1-9-4

TEL:06-6251-4593

営業時間:11:00A.M.〜8:00P.M.
定休日:第3火曜 8/21(火)

 

つづいて

 

 

アメリカ村プレミアムギターズ様

Ex-proアンプ周辺機器製品試奏・展示!

 

大阪アメリカ村にありますプレミアムギターズさんでは、

アンプとスピーカーの間に接続し、アンプのパワー部をボリュームUPしたときの極上の音質を変えず、スピーカーからの音量を押さえることが出来るアッテネーター

「DM-X」と

ヘッドアンプとスピーカーを繋ぐスピーカーケーブル「SPXシリーズ」

アンプのサウンド向上に不可欠な電源ケーブル「ACシリーズ」「ACCシリーズ」

を展示そして試奏出来るようになっております!!

プロのミュージシャンには定番となっているパワーアッテネーターとは・・・

この機会に是非直接試しに行ってみてください。そして「DM-X」の唯一無二な音質保持を体験してみてください。

そしてアンプ周辺機器への音質向上アプローチに不可欠な電源ケーブル・スピーカーケーブルも試しにいってみてください。

長年プロのアーティストとともに開発を続けたどり着いた完成形「ACシリーズ」「ACCシリーズ」「SPXシリーズ」を是非この機会に!

 

アメリカ村 プレミアムギターズ

大阪市中央区西心斎橋2−18−18TOPOROビル1F

tel:06-6212-2460

営業時間11:00〜20:00

 

 

同じく、アンプ周辺機器の試奏用があるお店さん

 

梅田 ESP カスタムショップ

530-0012
大阪府大阪市北区芝田1-4-8 北阪急ビル1F

営業時間
11:00〜20:00(平日、土)/ 10:00〜19:00(日祝) 
TEL 06-6376-0691 

DM-X

ACCシリーズ

ACシリーズ

 

 

すべて8月中の期間限定です。この機会に是非足を運んでみてください!