BLOG » Category : "BLOG"


タグ :

DM-X スタジオペンタ試奏体験

FacebookTwittertumblrGoogle+

7月1日より下記のスタジオペンタさんの店舗でパワーアッテネーター「DM-X」の試奏ができます!

 

自分の機材で是非試しに行ってください。

 

スタジオペンタ

http://www.studiopenta.net/campaign/ex-pro-dmx.html

期間 店舗 ご予約
2017年07月01日 – 08月04日 吉祥寺サウスサイド   0422-42-0765
2017年08月05日 – 08月31日 立川 II   042-529-5088
2017年09月01日 – 09月30日 渋谷ジュークハウス   03-3496-3730

 

 

DM-X詳細ページ

DM-X

 

タグ :

KellySIMONZ’s BLIND FAITH in 島村楽器長野店

FacebookTwittertumblrGoogle+

1月31日土曜日

KellySIMONZ’s BLIND FAITHによるバンドテクニックセミナー&ミニライブが島村楽器長野店でおこなわれるそうです!!

 
kbf
限定数25人ということなので急いでチェックしてみて下さい!!

 

日程 2015年1月31日(土)
時間 開場14:45/ 開演15:00
会場 長野店Aスタジオ
講師バンド KellySIMONZ’s BLIND FAITH
参加料金(税込) 会員¥3,240(島村メンバーシップカードお持ちの方)、一般¥4,320
定員 25名

 

〒380-0823長野県長野市南千歳1-3-6K’sスクエア 3F

026-223-7111

 

 

そこでKellySIMONZさんがEx-proアッテネーター「DM-X」を試されるそうですのでそれも是非チェックしてみて下さい!
DM-X
 

 

 

タグ :

アッテネーター「DM-X」に関しまして

FacebookTwittertumblrGoogle+

最近パワーダウントランス「DM-X」の問い合わせ、ご注文が急増しておりますので、

あらためてご紹介いたします。

 

 

DM-X(パワーダウントランス/アッテネーター)

 

DM-X

 

 

アンプ(パワーアンプ)とスピーカーの間に接続して音質を変えずに音量を下げるものです。

 

何故必要なのか??

 

真空管のギターアンプの歪みはプリアンプとパワーアンプの双方で作られる為

音量を下げるとパワーアンプの歪みがなくなり、細いやせたサウンドになってしまいます。

また小型のアンプでも音量をかなり大きくしないとアンプ本来のドライブサウンドが出ません。

 

そこでアンプの音量を上げたサウンドのまま音量を下げるのにこのパワーダウントランスが必要になります。

 

他のアッテネーターは抵抗式ですが、Ex-proのDM-Xは唯一のトランス式ですので、極めて自然に音量だけ下げることが出来ます。

 

そしてDM-Xの使用方法のもう一つの大きな特徴としまして、

 

ダミーロードとして使うことも出来ます。

 

PHONE/LINEのOUTもあるので、スピーカーを接続せずにアンプからLINEOUTのみで使用できます。

 

ということは、普段ライブで使用するヘッドアンプを、スピーカーキャビネットを繋がずに自宅でヘッドフォンで聞きながら演奏することも可能ですし、

自宅でレコーディングする際も、LINEOUTからレコ-ディング機材へ出力できます。

 

 

詳細はこちらまで

http://ex-pro.co.jp/product/dm-x/

カテゴリー:
DM-X, 特注アイテム
タグ :

DM-X(パワーダウントランス)と特注スピーカーケーブル

FacebookTwittertumblrGoogle+

先日コンボアンプでDM-Xを使いたい方から

スピーカーケーブルの特注依頼がありました。

 

それに伴いパワーダウントランスの問い合わせもふえてきたので

あらためてご紹介いたします。

 

 

まずはDM-X(パワーダウントランス/アッテネーター)

 

DM-X

 

 

アンプ(パワーアンプ)とスピーカーの間に接続して音質を変えずに音量を下げるものです。

 

何故必要なのか??

 

真空管のギターアンプの歪みはプリアンプとパワーアンプの双方で作られる為

音量を下げるとパワーアンプの歪みがなくなり、細いやせたサウンドになってしまいます。

また小型のアンプでも音量をかなり大きくしないとアンプ本来のドライブサウンドが出ません。

 

そこでアンプの音量を上げたサウンドのまま音量を下げるのにこのパワーダウントランスが必要になります。

 

Ex-proではトランス式を採用しているので、極めて自然に音量だけ下げることが出来ます。

 

そしてDM-Xの使用方法のもう一つの大きな特徴としまして、

 

ダミーロードとして使うことも出来ます。

 

PHONE/LINEのOUTもあるので、スピーカーを接続せずにアンプからLINEOUTのみで使用できます。

 

 

詳細はこちらまで

http://ex-pro.co.jp/product/dm-x/

 

 

 

そしてコンボアンプ用にスピーカーケーブルを特注することも少なくありません。

 

今回も特注依頼を受け製作しました。

 

コンボアンプ用スピーカーケーブルをおしらせいたします。

 

 

SPX_OD

 

 

アンプのスピーカーアウトからフォンジャックで出て、

スピーカーには上記のような接続端子を用いて接続します。

 

SPX_OD2

 

 

このようなコンボアンプ用のスピーカーケーブルの特注もお受けしておりますので、

 

是非お問い合わせいただければと思います。