BLOGTag "32volt"



綾野光紘(Chewing High!!)が使用するEx-pro製品

FacebookTwittertumblrGoogle+

Chewing High!!のギタリスト綾野光紘さんのエフェクターボードが完成いたしました。

 

ayano_b1

 

使用されているEx-pro製品は

TBX-1 (スルーボックス)1台 2015年11月生産完了品

32volt(クリーンブースター)1台

NF-1(DCノイズフィルター)2台

PS-2(DCパワーサプライ)1台

OPREX OPシリーズ(パッチケーブル)11本

 

ayano_b2

 

 

TBX-1(スルーボックス)とアーニーボールのVPを繋ぐパッチケーブルはOP-02LL

アーニーVPからMORLEYワウはOP-02CRANK

MORLEYからG-LABのスイッチャーはOP-02LS

アーニーVPからKORGチューナーはOP-05CRANK

 

 

 

 

ayano_b3

 

G-LABスイッチャーから32voltはOP-04LS×2本

同じくOCDにもOP-04LS×2本で接続

tcのフラッシュバックにはOP-03LS2本で接続しています。

 

アンプはボグナーのEcstasyを使用されていて、どうしてもスイッチャーで他のループするエフェクターと

連動させてプログラミングさせたいとのことでした。

Ecstasyにはアンプのチャンネルやブーストの切替の為の外部スイッチ用の端子しかないので

今回はG-LABのMAC-4.4を使用しMIDI制御できるようにしました。

おなじくG-LABのGSC-3というコントローラーでプログラミング。

暗転しているステージ上でも一つ一つのスイッチの番号が点灯しているので認識性がとても良いですね。

 

DC電源はEx-proのPS-2から供給。

tcのフラッシュバックはPS-2の可変電圧で9Vジャストに設定し供給、

G-LABのコントローラーは12V入力なので、PS-2を12.2Vにして供給。

無音時にノイズがDC電源を回って出てしまうペダルには念のためEx-proのノイズフィルターNF-1を経由して電源供給しています。

 

DC_newDCケーブルはDCシリーズで統一

 

TBX-1スルーボックスはTBX-1を使用(生産完了品)

 

FL_pac_newメインケーブルはFLシリーズ

 

PS-2_01

 

DC電源はPS-2から供給

 

 

NF-1_1ノイズフィルターのNF-1

 

 

 

32voltブースターは32volt

 

OP_pack_newパッチケーブルはOPシリーズ

トヲル(PET/オーライブラス)エフェクターボード

FacebookTwittertumblrGoogle+

PETやオーライブラスのベーシスト トヲルさんのエフェクターボードが新しくなりましたのでUPします。

トヲルボード1

 

Ex-pro製品では、

・ワイアレス送受信機 PWシリーズ

・パワーサプライ PS-2

・クリーンブースター 32volt

・パッチケーブル PCシリーズ

・長尺プラグケーブル NLシリーズ

 

を使用されています。

 

PS-2の可変電圧OUTの1つを9.5Vに設定し、他を9.8Vで統一して使用されています。

 

最後に32voltクリーンブースターで音質補正として使われていました。

 

トヲルボード2

 

NLプラグを使用したPCシリーズのパッチケーブルでは、上記の写真のようにDCプラグを回避し配線することができます。

トラブル回避につながります。

 

 

PCNL_v2NLプラグ

PS-2_01 PS-2

32volt    32volt

 

 

トヲル

トヲル(PET/オーライブラス)

タグ :

木暮”shake”武彦さんが使用するEx-pro製品

FacebookTwittertumblrGoogle+

先日、木暮”shake”武彦さんより「32voltクリーンブースター」を試した感想をいただきました!

shake

かなり気に入っていただいて、今後のshakeさんの機材に加わるそうです!

 

以下コメント

 

ベーシックにクリーン目の音で弾いている時に32voltで持ち上げて弾くと,気持よくてずっと弾いてしまいます。
同じような役割のバッファー物をもう一つ持っているのですが、こちらの方がtoneやgeinに自由が利くので使いやすいです。
32volt

 

タグ :

TK(凛として時雨)が使用するEx-pro製品

FacebookTwittertumblrGoogle+
凛として時雨のギターボーカルのTKさんに32voltクリーンブースターを
使用していただいています。
先日のツアーでもシステムに入り使用されていました!
32volt

上野トヲルが使用するEx-pro製品

FacebookTwittertumblrGoogle+

元O.S.Dのベーシストとして活動し現在コンポーザー兼オーライプラスのベーシストとして活動中の上野トヲルさんがパワーサプライ「PS-2」をご購入いただきました!!

 

使用Ex-pro製品:

PS-2(パワーサプライ)

32volt(クリーンブースター)

PCシリーズ(パッチケーブル)20cmLL×1本 15cmLL×3本 50cmLL×2本 40cmLL×1本

FLシリーズ(メインのケーブル)7mLS×2本

 

toru1

 

toru2

 

toru3

 

タグ :

YOSHIHIRO(THE SARUBAND)機材

FacebookTwittertumblrGoogle+

先日下北沢BAR?CCOで行われてTHE SARUBANDのLIVEにお邪魔してきました。

 

yoshihiro1

 

YOSHIHIROさんはアコギの時には32voltクリーンブースターを足元にセットしておられました

 

yoshihiro22

 

 

単体では歪みを持たない32voltクリーンブースターはアコギでの使用にもよく合いますね。

 

結構前から使用されているみたいでした!!

 

THE SARUBAND

http://saruband.wix.com/saruband

 

 

32volt

 

アーティスト機材紹介 masaucks/ KOTA / DAISUKE UDAGAWA

FacebookTwittertumblrGoogle+

昨日は下北沢のBAR「MAGARI」の3周年記念パーティーにお呼ばれし行ってきました。

 

出演者が、MIX MARKET、NO FLOWERZ、TROPICAL GORILLA、FULLSCRATCH

 

その中でFULLSCRATCHのmasasucksさんのボードと

MIX MARKETのKOTAさん、DAISUKEさんのボードの写真を撮ってきましたのでUP致します。

 

 

まずはFULLSCRATCHのmasasucksさんのボード

masasucks_fullscratch

 

FULLSCRATCHの際には機材はシンプルにされているそうです。

ワイアレスはEx-proのペダルワイアレスのPW-R/PW-Tのセット。

パッチケーブルはPCシリーズを使用。

 

 

お次にMIX MARKET のKOTAさん

kohta

パワーサプライがEx-proのPS-1(生産完了)を使用しておられました!

kohta2

そしてアンプの上にはEx-proのDM-Xがおかれており、

ツマミは55%で使用されていました。

 

お次が同じくMIX MARKETのDAISUKEさん

daisuke

見難くてすみません・・・

パワーサプライがPS-1でクリーンブースターの32voltを使用されておられました!!

 

daisuke2

 

それと横のボードにはペダルワイアレスの受信機が置いていました!

ペダルワイアレスPWシリーズをDAISUKEさんも使用されておりました!!

 

 

 

 

 

カテゴリー:
Ex-pro からのお知らせ
タグ :

32volt クリーンブースター入荷待ち・・・

FacebookTwittertumblrGoogle+

新年早々大変申し訳ございません・・・

 

「32voltクリーンブースター」の生産が追いつかず、品薄状態となってしまっております。

 

2月末に入荷する予定で急いでおります。

 

お待ちいただいている方申し訳ございませんが、もうしばらくお待ちいただきますよう

宜しくお願い致します。

カテゴリー:
アーティスト機材紹介

エフェクターボード完成〜Roddy(VRAIN)

FacebookTwittertumblrGoogle+

今回はシンフォニー系ロックバンドのVRAINのギタリストRoddyさんのご依頼でエフェクターボードを完成させました!!

 

もともとかなりこだわりがある方なのでセッティングはスムーズにいきました!!

 

 

そして今回はコメントも頂きましたので、ご紹介いたします。

 

以下 Roddy氏のコメント

 

●感想
ツアーで各地を回る時、どこのライブハウスでも対応できるボードがやっと完成しました!
大規模なシステムを持ち込めないような時でも、ギターと常設のアンプとこのシステムがあればどこでもOK!
安心してプレイに集中する事が出来るようになりました!
パッチケーブルもPCRシリーズに統一した事によってアンサンブルの中でも、
埋もれずかつ抜け過ぎないバランスの良いサウンドに仕上がりました。
いやー、素晴らしいです!


●こだわり

このボード内のエフェクターはどれも長年かけて厳選したもの。
Diamond コンプも、Arionのコーラスも、30Volt ODも自分のサウンドに欠かすことの出来ない大切な相棒です。
そして、32Volt クリーンブースター。
これがある事によってその後に直列する全てのエフェクターが別物のように輝きます。
バッファーとしてこれ以上の物はないでしょう。
もうボードからは外せないですね(笑)。

 

 

こだわりのお話にも出ていた30volt limitedオーバードライブ#69と

 

バッファーとしてご使用になられている32volt クリーンブースター(限定カラー)

 

VRAIN http://vrain.jp/top.html

 

 

カテゴリー:
アーティスト機材紹介
タグ :

エフェクターボード完成〜RYO(defspiral)

FacebookTwittertumblrGoogle+

今回はdefspiralのベーシストRYOさんのボードをクリーンアップしました!!

 

 

DCケーブルの断線しかかりチェック、グランドチェック、パッチケーブルのジャック・プラグ洗浄、

ワイアレス受信機感度調整、パワーサプライ電圧調整など完了!!

 

 

Ex-proワイアレス受信機PW-Rで受け

コンプ→MXRプリアンプ→Ex-pro32voltクリーンブースター→Ex-proパワーサプライ付きセレクターPSS-10で

二つの歪を選択。

 

 

そして32voltのセッティング方法の問い合わせがよくあるので

今回はRYOさんの32voltのツマミのセッティングをUPします。

 

ベーシストにも重宝されるペダルですので、

是非チェックしてみて下さい。

32volt

 

 

 

defspiral

http://www.defspiral.com/index.php

 

11/10(日) 新宿BLAZEX-NIGHT FINAL IMPACT LAST ATTACK!
w/ 己龍 , C4 , DuelJewel , heidi. , BORN , Lycaon

11/15(金) SHIBUYA-AXFreaks Addict Tour beyond
MAIN ACT : MERRY, lynch. ACT : defspiral / DIAURA

12/20(金) 新宿BLAZE [oneman]defspiral oneman live 2013 “CENTER OF THE SPIRAL”

カテゴリー:
Ex-pro からのお知らせ
タグ :

32volt クリーンブースター

FacebookTwittertumblrGoogle+

32voltクリーンブースターに関しまして、問い合わせが増えてまいりましたので、

あらためてご紹介いたします。

 

32voltクリーンブースターは、ペダル自体で強制的に「ある種の音」に方向づけることを避け、

プレイヤーが奏でる音色、テクニック・フィーリングを100%表現してもらいたいという思いで、

音色を崩さず・変化させずにブーストできる唯一のクリーン・ブースターです。その当時では珍しかった

内部昇圧電源方式で、動作電圧を9V→32Vに昇圧することで驚異的なダイナミックレンジと超低ノイズ

を実現しています。そしてオペアンプを一つも使わずにしかも1段増幅設計のこのペダルは鮮度の高い音

を出力することが出来ます。ネット上でも話題となった「バッファーとしての評価」も括弧たるものとなっています。

もちろん真空管アンプへの「ドライブ用(通常のブースター)」として、常時ONにしてEQ補正(音質補正)として、

音質劣化の高いペダルとの併用や長いケーブル使用時のバッファーとして、エフェクターボードに無くてはなら

ない存在としてギタリスト、ベーシスト問わずミュージシャンに愛用されつづけているペダルです。

 

 

そして今回バッファーについてお話いたします。

 

 

バッファーは「音の特性と音量を変化させずにインピーダンスを下げること」と記述していることがありますが、

そもそも入力インピーダンスを電気的に下げてやる為には特性は紛れも無く変わってしまいます。

 

ギターからシールドケーブルを通って伝わる信号。

シールドケーブルは外部からの電気的影響を受けにくくする為だけでなく

静電容量(コンデンサーと同等の考えで)を押さえ、1極の信号のHI成分をグランド(シールド)側へ逃がさないように

(HI落ちを押さえる為に)伝えるのが理想です。

ですが、ケーブルの長さが長くなればなるほど静電容量は大きくなり、いわゆるHI落ちを感じることとなります。

 

そしてケーブルのインピーダンスというのはほぼ決まっている(決めている?)もので、ある程度のメーカーのケーブルは75Ω位とされています。

(実測ではありません。)

 

つまり「エフェクターボード内でのバッファー」の役割とはインピーダンスを下げる為だけではなく、

ケーブルの長さでロスしたHIを聴感上(測定上)で上げてやることが一番実用的であると考えております。

 

 

簡潔に要点だけを記述しました。

 

32voltの使用方法は様々です。

インピーダンスを下げる為だけにバッファーを使用しても変化を感じられない方も結構いるはずですので、

まずはケーブル長のHI落ちを解消される為に「HIブースト」という意味でいろいろセッティングを試して使用するのが良いのではないでしょうか。

カテゴリー:
Ex-pro からのお知らせ
タグ :

32volt clean booster のお問い合わせ急増!

FacebookTwittertumblrGoogle+

32volt クリーンブースターの生産が追いつかず、先日やっと完成し入荷しました。

その入荷のお知らせとともに、たくさんの方々から「32volt」についてのお問い合わせを頂いています。

 

そこで今回改めて32voltクリーンブースターについて書きたいと思います。

 

32voltクリーンブースター

 

32voltクリーンブースターは、ペダル自体で強制的に「ある種の音」に方向づけることを避け、プレイヤーが奏でる音色、テクニック・フィーリングを100%表現してもらいたいという思いで、音色を崩さず・変化させずにブーストできる唯一のクリーン・ブースターです。その当時では珍しかった内部昇圧電源方式で、動作電圧を9V→32Vに昇圧することで驚異的なダイナミックレンジと超低ノイズを実現しています。そしてオペアンプを一つも使わずにしかも1段増幅設計のこのペダルは鮮度の高い音を出力することが出来ます。ネット上でも話題となった「バッファーとしての評価」も括弧たるものとなっています。

もちろん真空管アンプへの「ドライブ用(通常のブースター)」として、常時ONにしてEQ補正(音質補正)として、音質劣化の高いペダルとの併用や長いケーブル使用時のバッファーとして、エフェクターボードに無くてはならない存在としてギタリスト、ベーシスト問わずミュージシャンに愛用されつづけているペダルです。

 

 

アーティストコメント・・・

 

Ex-pro社の製品に共通する「無色透明」な方向性は勿論のこと、内部で32Vに昇圧することで得られるダイナミックレンジと超低ノイズが特徴のクリーンブースター。だからこそ出来るセッティングのバリエーションも豊富で、歪みの前に繋ぎゲインアップさせることで“抜け”と“ロング・サスティーン”を演出したり、アンプの直前(エフェクター群の最後段)に置きフルレンジのままヴォリュームを調整したり、ギター(ベース)やワイヤレスシステムの直後で“バッファー”として使用したり・・・と、一台で何通りもの使い方が出来るのも魅力。さらに2つのEQを駆使することでサウンド・キャラクターの補正としても使用可能な優れもの。「32volt CLEAN BOOSTER」は今後も僕の足元から離れることなく、その時々のシーンやシステムに合わせて、大いに活躍してくれることでしょう。 

Lynch.玲央

 

 

 

エフェクター試奏などでの評論家のコメント

 

ハイファイでなく高貴なこのサウンドは高電圧という大きな後押しによるものだと・・・

つまりLIVE時などで出す大音量でのサウンドチェックではダントツの抜けのよさ!

現場の声に対するレスポンスがEx-proというブランドの最大の特徴。

ギターやアンプの音色を壊してしまうエフェクターが乱立している中、

この32voltcleanboosterはアーティストの音色を汚さない唯一のブースターだ!

カテゴリー:
Ex-pro からのお知らせ
タグ :

32volt clean booster 入荷!

FacebookTwittertumblrGoogle+

大変長らくお待たせしておりました32voltクリーンブースターですが、

ようやく入荷を致しました!!

 

32Voltクリーンブースターですが、音質を変化させず とにかくナチュラルにブーストする唯一のクリーンブースタです。

バッファーとしての評判も良く、最近ではベーシストの人にもかなりの高評価をいただいている製品で、Ex-proの先駆け的定番ペダルです。

 

 

 

32Voltクリーンブースター  定価 29,400円(税込)

詳細は→ http://www.ex-pro.co.jp/efct/efct01.html

 

カテゴリー:
Ex-pro からのお知らせ
タグ :

32volt clean booster

FacebookTwittertumblrGoogle+

生産が間に合っていなかった32voltクリーンブースターでしたが、

7月末の完成を予定し動いております。

 

ご迷惑をお掛けいたしておりました皆様へ

遅ればせながら、ご報告いたします。

 

カテゴリー:
アーティスト機材紹介

エフェクターボード完成〜アオキサトシ(アカツキ)

FacebookTwittertumblrGoogle+

アカツキのギタリストとしてだけでなく、アンダーグラフやカリフなどでも活動中のギタリスト、アオキサトシさんのボードです。

 

電源供給はEx-proのPS-1で安定させ、IN、OUTをスルーBOXで統一させることで、トラブルを軽減。

 

新たにEx‐proの32voltクリーンブースターを導入し、パッチケーブルはPCシリーズに統一。

 

サトシさんより「32volt cleanbooster」の感想を頂きました。

 

使用方法として、ギターソロ時のブーストとして。

主にクランチ状態での使用が抜群!!他のブースターよりも抜けがよくなる。

TREBLE、BASSの効きも良いし、ライブハウスのアンプを使用するときに

物足りない部分を補ってくれる、ギターサウンドのカンフル剤となるペダル!

アオキサトシ

カテゴリー:
Ex-pro からのお知らせ
タグ :

32volt clean booster 生産間に合いません。

FacebookTwittertumblrGoogle+

発売から7年を過ぎなおご好評いただいております「32volt クリーンブースター」。

 

ただいま生産が追いつかず皆様にご迷惑を掛けております。

 

使用パーツが入荷次第生産開始いたしますので、

もうしばらくお待ちください。

 

 

 

タグ :

「32volt-1000」クリーンブースター残りあとわずか!

FacebookTwittertumblrGoogle+

製造1000台突破を記念し100台限定で生産した32voltクリーンブースター「32volt-1000」。

残りわずかとなりましたのでお知らせいたします。

 

いろんなジャンルのミュージシャンが購入されているように、とてもナチュラルで使いやすいペダル!

そんな32voltの1000台突破記念カラーバージョンが残りあとわずか、

もうこれを最後に限定カラーでの発売はございませんので、是非この機会にチェックしてみて下さい。

 32volt-1000限定カラー

 

そして今後は32volt通常カラーでの販売となります。

 

  32volt通常カラー

 

 

32voltクリーンブースター

 

32voltクリーンブースターは、ペダル自体で強制的に「ある種の音」に方向づけることを避け、

プレイヤーが奏でる音色、テクニック・フィーリングを100%表現してもらいたいという思いで、

音色を崩さず・変化させずにブーストできる唯一のクリーン・ブースターです。その当時では珍しかった

内部昇圧電源方式で、動作電圧を9V→32Vに昇圧することで驚異的なダイナミックレンジと超低ノイズ

を実現しています。そしてオペアンプを一つも使わずにしかも1段増幅設計のこのペダルは鮮度の高い音

を出力することが出来ます。ネット上でも話題となった「バッファーとしての評価」も括弧たるものとなっています。

もちろん真空管アンプへの「ドライブ用(通常のブースター)」として、常時ONにしてEQ補正(音質補正)として、

音質劣化の高いペダルとの併用や長いケーブル使用時のバッファーとして、エフェクターボードに無くてはなら

ない存在としてギタリスト、ベーシスト問わずミュージシャンに愛用されつづけているペダルです。

タグ :

明日「32volt-1000」発売開始いたします!

FacebookTwittertumblrGoogle+

お待たせいたしました!

32volt Clean Booster 1000台突破記念カラーバージョン

「32volt-1000」 本日弊社のチェックを経て代理店様へ発送いたしますので、

早くて明日にでも店頭に並ぶところもあるかと思いますのでお知らせいたします。

32volt-1000

32volt クリーンブースター 製造1000台突破記念カラーバージョン

限定カラーバージョン

2012年6月13日発売開始

 

 

 

カテゴリー:
アーティスト機材紹介

エフェクターボード完成!〜藤咲佑、沙田瑞紀(ねごと)〜

FacebookTwittertumblrGoogle+

つづきまして・・・

 

パッチケーブルをすべてEx-proのPCシリーズで組みたいとのご希望されてエフェクターボードを組みなおした

ガールズバンド「ねごと」のベーシスト藤咲佑さん!

同じくDC電源をPS-1で供給したいというギタリストの沙田瑞紀さん!

 

お二人のエフェクターボードをご紹介いたします。

 

まずはベーシスト藤咲さんの足元は・・・

見かけと裏腹にアグレッシブなサウンドな藤咲さんの足元はEBSのプリアンプを中心に音作り。

頭のACブースターは曲の感じやフィンガリング、ピッキングによる音質補正用かバッファーとしてセッティングされている?(憶測)

次にBLACK CATのオクターブファズ!→EBSのプリアンプの後に→飛び用?のディストーション

そしてEx-proの32voltブースター!しかも旧ロゴ!マニアック&通ですね!基本的にブースト、EQ補正といったところでしょうか。

最後にMXRのステレオコーラスです!

32volt ブースター(現在の表記は32volt clean Booster)は音質を変化させずとにかくナチュラルにブーストする唯一のクリーンブースタです。最近ではベーシストの人にもかなり高評価をいただいている製品で、Ex-proの先駆け的定番ペダルです。バッファーとしても評判です!

そしてパッチケーブルをPCシリーズで統一しました。

ちなみにこのボードはPCシリーズの規格サイズを使用しましたのでお知らせします。

まずはPC-02LL(20cmのLL)、PC-03CRANK(30cmのL型の逆向きL型)、PC-04CRANK(40cmのL型の逆向きL型)×2

PC-04LL(40cmのLL)、PC-02LL(20cmのLL)です。

ご参考にしてみてください。

 

 

続きましてギタリスト沙田さんのボード!!

沙田さんはこのほかにプラスαのペダルがあるためそのスペースを確保。

プロビデンスのPEC-04で3つの歪みを3ループ。

後はシリーズでMICROAMP(曲調に合わせてセッティング)→RAT(ブースター要素で)

FAZZFACE→ピッチシフター→トレモロ→コーラス→ディレイといった順番で配線。

 

沙田さんも同じくパッチケーブルはPCシリーズで統一することにより、

音質劣化(ハイ落ち)を極限まで押さえたセッティングになりました!!

 

今回よりDC電源はPS-1を導入し安定化電源を供給しております!

今までも抜けの良いサウンドでバッキング、リードと演奏されていた沙田さん。

今回新たな力が備わりセンスの良いフレーズに磨きがかかること間違いなしだと思います!!

 

ステージでのサウンドが楽しみです!!

 

 

今後のねごとのサウンドを皆さんチェックしてみてください

 

ねごとofficial website

http://www.negoto.com/