PRODUCT

PRODUCTS » CABLE (Ex-pro)

TC SERIES TRS(ステレオフォンプラグ)ーXLR(キャノン・コネクタ )バランスケーブル

FacebookTwittertumblrGoogle+
FacebookTwittertumblrGoogle+

2022年6月中旬レギュラー商品として発売

多くのレコーディング機材用ケーブルを製造販売してきたEx-pro「受注生産シリーズ」の中からTRS(ステレオフォンプラグ)ーXLR(キャノン・コネクタ オスorメス)のバランスケーブルをレギュラー商品として販売することとなりました。

TRS(ステレオフォンプラグ)はswitchcraft社製#297とEx-proオリジナルFLシリーズ用プラグキャップを採用。よりシャープで無駄な響きを最大限に抑え、バランスの良い音色を再現することができます。XLRコネクタはオスがNEUTRIK社製のNC3MXX-BAG(銀メッキ)をメスは同じくNC3FXX-B(金メッキ)を採用。「何も足さない何も引かない100%伝達」のEx-proの多種多様な試奏方法とノウハウでテストされたベストな組み合わせを実現しました。

 オーディオ・インターフェイスとモニタースピーカー接続

現在の用途として最も多いのがDTMでのオーディオ・インターフェイスとモニタースピーカーとの接続です。オーディオ・インターフェイスの出力を最大限に生かし、モニタースピーカーの能率を落とすことなく伝送するために、多様なテストを繰り返し選定したパーツでより良い伝送環境に近づいたケーブルです。TCシリーズではモニタースピーカーから出てしまう高音に乗るノイズを特定しそれを排除するパーツセッティングを確立しているので、より良いモニター環境でDTMが楽しめます。

 

3芯方式バランスケーブル

通常バランスケーブルはホット、コールドの2芯(4芯)とシールド線で構成されていますが、Ex-proの「TCシリーズ」の線材は、ホットとコールドにグランドを加えた3芯を、シールド線で覆う独特な構造です。結線は出力側のオス端子でグランドとシールド線が結ばれ、入力側のTRSプラグではシールド側はオープンとなっています。つまりシールド線は入出力間の導通には関与せず、純粋にシールドとしてのみ作用します。従来の2芯(4芯)ケーブルではホットとコールド間のアンバランス成分がシールド線を流れ、音質劣化を招いていました。これに対してシールド線とは独立したグランド線を有する3芯方式による音質の向上は歴然です。従来の2芯(4芯)ケーブルでのバランス伝送が、いかに不完全であったかを痛感されることでしょう。

 

断面図

断面図1