BLOG » Category : "ミュージシャンが使用するEx-pro製品"



一ノ瀬 (絶対倶楽部) が使用するEx-pro製品

FacebookTwittertumblrGoogle+

絶対倶楽部のベーシスト 一ノ瀬さんに

昨日、FAシリーズといFLシリーズについてのコメントを頂きましたが、

なんと本日はパッチケーブル FTPシリーズについてのコメントも頂きましたのでご紹介致します。

 

 

以下、一ノ瀬さんのコメントです。

 

この度ボードの組み替えをしていただき、

パッチケーブルをFTPシリーズに交換していただきました。

まず見た目がとてもスタイリッシュ!

ケーブル部分が細いので、エフェクターをもう一個追加したくなっても

大丈夫なくらいにスペースの余裕ができました。

特にNLプラグが良い仕事をしてくれていて、

DCプラグがあるせいでうまく収まらなかった部分が綺麗にまとまりました。

音も以前よりクリアに聞こえるようになったおかげで、

エフェクターの効きがよくなりました。

環境に合わせて微調整したい時に、

その僅かな差をきちんと出してくれるのでとても助かります。

今までパッチケーブルには拘りが無かったのですが、

今後は全部FTPシリーズに揃えたいですね!

 

絶対倶楽部 Official Site

一ノ瀬 (絶対倶楽部) が使用するEx-pro製品

FacebookTwittertumblrGoogle+

本日、絶対倶楽部のベーシスト

一ノ瀬さんが来社されました。

 

一ノ瀬来社2019.11.08

 

先日お預かりしたエフェクターボードを使いやすいようにレイアウトを変更し、

Ex-proケーブルで組み直しましたので本日はそのお渡しです。

 

今回、こちらのボードを

 

一ノ瀬ボード9

 

 

このように組み直しました。

 

一ノ瀬ボード1

 

使用したパッチケーブルは Ex-pro FTPシリーズ

エフェクター電源供給用ケーブルは DCシリーズです。

 

FTP_pac

DC-LS_NEW_PAC2018

 

 

一ノ瀬さんがボード内のエフェクターでライブ中にON/OFFを切換えるのは、

チューナーとしても使用しているワイヤレス受信機と

左端のプリアンプだけとの事でしたので、

ワイヤレス受信機をボードの手前に配置しました。

また、このボードは落とし込みなので、この位置ですと

ライブ中に送信機にトラブルが起きて 急遽ワイアードで対応する事になった時に

受信機のインプットジャックが使用出来ません。

そこで、台座を設けて受信機を底上げしました。

 

一ノ瀬ボード8

 

これで万が一の時も安心。

 

レコーディングの際はワイヤレス受信機は介さず

一番最初の信号の入口がコンプレッサーになりますが、

隣のパワーサプライが邪魔でパッチケーブルとシールドケーブルの抜き差しがしづらいので、

 

一ノ瀬ボード2

 

ここも台座でコンプレッサーを底上げして、

ケーブル差し替えの際にパワーサプライに手がぶつからないように配慮しました。

 

コンプレッサーから信号はオーバードライブへ流れ、

次にプリアンプへと流れていきますが、

一ノ瀬さんはライブで使用するオーバードライブを

レコーディングでは外す事の方が多いとの事です。

そこで、ボード手前のエフェクターは縁に寄せるのがセオリーですが、

オーバードライブの位置を工夫し、隣のプリアンプとジャックの位置が前後でズレるように

配置しました。

 

一ノ瀬ボード7

 

これにより、エフェクターをボードから外さなくても

簡単にどちらのプラグも外す事が出来ます。

その結果、

 

一ノ瀬ボード10

 

一瞬でレコーディングバージョンに早変わり。

オーバードライブを介さず、コンプからプリアンプへの

手動バイパスです。

 

一ノ瀬ボード6

 

こういう接続も可能。

プリアンプのインプットジャックに挿さっているプラグは、

DCケーブルのプラグ等の障害物を避けるEx-pro独自のプラグ「NL」です。

 

FTP_NL2

 

 

そして、最終的な信号の出口となるグラフィックイコライザーのアウトプットジャックも、

このままでは使用出来ませんので、台座で底上げして使用可能に。

 

一ノ瀬ボード5

 

最後に細かい部分ではありますが、

パワーサプライのアダプターにマジックテープを付けて、

 

一ノ瀬ボード4

 

ボードの空いているスペースに貼り付ければ、

運搬時にアダプターが暴れてツマミの設定を変えてしまう事もありません。

 

一ノ瀬ボード3

 

 

参考になりましたでしょうか。

 

NLプラグは

Ex-proシールドケーブル FLシリーズFAシリーズ

アコースティックギター専用シールドケーブル SOUND WOOD

Ex-proパッチケーブル FTPシリーズ

に対応しており、セミオーダーでどなたでも入手可能です。

特にパッチケーブルに使用すれば、エフェクターのDCジャックの位置は

メーカーや機種によって様々ですので、ボードを組む際に重宝すると思います。

 

詳しくはこちらをご覧下さい。

NLプラグ詳細ページ

 

 

一ノ瀬さんは現在、シールドは Ex-pro FAシリーズを使用されていますが、

今回、FLシリーズも試して頂く事になりました。

 

FA2017

FL2017

 

 

今後どちらがメインとなるのか、

ファンの皆様は要チェックですね。

 

 

絶対倶楽部 Official Site

 

 

 

 

RYOさん(defspiral)が来社されました。

FacebookTwittertumblrGoogle+

本日、defspiralのベーシスト RYOさんが来社されました。

 

RYO defspiral 201909来社

 

ご依頼を受けていたエフェクターボードの組み直しが完了しましたので、

本日お渡ししました。

 

こちらが元のボード。

 

RYOさんボード

 

そして、こちらが新しく組み直したボード。

 

RYOさんボード完成

 

真ん中に空けたスペースには、もう一つエフェクターが追加される予定です。

 

右上のジャンクションボックスに接続されている

パッチケーブル FTPシリーズには、

Ex-pro独自の長尺L字型フォンプラグ「NL」を採用。

 

RYOさんボードNL

 

スイッチャーからパワーサプライへの電源ケーブルの間に

NF-1を繋ぐ事で、ノイズ対策もバッチリです。

 

NF-1_1

 

また、一部のエフェクターからパワーサプライへ繋がるDCケーブルに、

この夏に発売されたばかりのクランク(L字×逆L字)を採用しました。

下の写真の右がクランク仕様です。

 

DC形状画像2

 

エフェクターのDCジャックの位置などによっては、

ボードを組む際、非常に便利なアイテムです。

 

そして、

写真でRYOさんが手にしているケーブル専用ソフトケース CSC-2も

大変喜んで頂けました。

 

ライブ用システムを組む為のシールドケーブル FLシリーズを

4本追加でご依頼頂きましたが、4本全て余裕で収納可能です。

 

RYOさんCSC-2

 

写真でお分かりになりますでしょうか。

ご依頼頂いたFLシールドのうち1本は「NL」仕様です。

 

今回、RYOさんのボードを組む際に、ケーブルを綺麗にまとめる為に

レギュラーラインナップには無い長さのパッチケーブル FTPシリーズを

製作しました。

 

・特注サイズの FTPシリーズ

・FTPシリーズ「NL」プラグ仕様

・シールドケーブル「NL」プラグ仕様

 

これらはプロミュージシャンだけでなく、

セミオーダーにより、どなたでも入手可能です。

 

・ノイズフィルター NF-1

・DCシリーズ クランク仕様

・ケーブル専用ソフトケース CSC-2

 

これらの製品も、全国どこの楽器店でも入手可能です。

※店頭に無くても取り寄せ可能です

 

ぜひ、RYOさんの新しいエフェクターボードを、

皆様のボード製作の参考になさって下さい。

 

こちらもぜひ参考になさって下さい。

↓↓↓

 

Ex-proパッチケーブル FTPシリーズ詳細ページ

エフェクター電源供給用ケーブル DCシリーズ詳細ページ

長尺L字型フォンプラグ「NL」詳細ページ

DCノイズフィルター(アイソレーター) NF-1詳細ページ

ケーブル専用ソフトケース CSC-2詳細ページ

Ex-proシールドケーブル FLシリーズ詳細ページ

 

 

defspiral Official Site

 

 

 

 

 

 

原田季征 (G-FREAK FACTORY) のエフェクターボード製作

FacebookTwittertumblrGoogle+

G-FREAK FACTORYのギタリスト、原田季征さんのご依頼により

エフェクターボードの組み直しをしましたのでご紹介致します。

 

IMG_4729

 

原田さんボード

 

新機材の導入により、昨年組んだボードの中身を一部入れ替え、

それに伴い新たにNLプラグを追加しています。

 

FOTO_20190529_093017

 

FOTO_20190529_093049

 

その他、ボード内の随所にNLプラグを使用しています。

 

FOTO_20190529_092935

FOTO_20190529_093125

 

パッチケーブルは全てEx-pro FTPシリーズ。

エフェクター電源供給用ケーブルはDCシリーズで統一されています。

 

FTP_pac

DC-LS_NEW_PAC2018

FTP_NL2

 

 

FTPシリーズ詳細ページ

DCシリーズ詳細ページ

NLプラグ詳細ページ

 

 

G-FREAK FACTORY Official Site

 

 

 

Yuki (D_Drive) が使用するEx-pro製品

FacebookTwittertumblrGoogle+

本日、D_Driveの皆様がご来社されました。

 

ギタリストのYukiさんからご依頼を受けていたエフェクターボードが

完成しましたので、そのお渡しです。

 

こちらが完成したYukiさんのボードです。

 

 

d_drive yuki ボード

 

パッチケーブルはEx-pro FTPシリーズ。

エフェクター電源供給用ケーブルはDCシリーズ。

さらに、接触トラブル回避の為に一部のFTPのプラグには

長尺L字フォンプラグ NLプラグを採用しました。

 

d_drive yuki NL

 

その場で早速、サウンドチェックして頂きました。

 

d_drive Yukiボード試奏

 

 

Yukiさんご本人だけでなく、D_Driveのメンバー皆様も

「全然、ノイズが無い」と、大変ご満足頂けました。

 

・パッチケーブル FTPシリーズ

 

FTP_pac

 

 

・エフェクター電源供給用ケーブル DCシリーズ

 

DC-LS_NEW_PAC2018

 

 

・長尺L字フォンプラグ NLプラグ

 

FTP_NL

 

 

D_Drive Official Web Site

 

 

原田季征(G-FREAK FACTORY )が使用するEx-pro製品

FacebookTwittertumblrGoogle+

先日G-FREAK FACTORY のギタリスト原田季征さんが来社され、ボードの組み換えとサウンドチェックをいたしました。

 

その時にメインのケーブルとパッチケーブルをEx-pro製品に交換され、音色の変化を存分に感じていただけ

そして気に入っていただけましたのでコメントを書いてくださいました。

 

IMG_9040

 

IMG_9043

 

 

メインケーブル

FL-7SS (FLシリーズ 7メートルのストレートプラグ×ストレートプラグ)

FL2017

 

パッチケーブル

FTPシリーズ

FTP_pac

 

 

以下は原田さんのコメントです。

 

 

FLシリーズ(メインケーブル)
とにかくギターの弦1本1本を素直に自然なトーンで出してくれる素晴らしいシールドです。
それはどのタイプのギターで試してみても、同様に最大限に引き出してくれます。
ハイゲインからクリーンまでどれを取っても艶があり、耳障りじゃない上質な太さときらびやかなサウンドは俺にとって本当に強い味方です。

FTPシリーズ(パッチケーブル)
このケーブルによるサウンドはエフェクターを多用する俺としてはたまらない。
計10個のエフェクターを使用していますが、音痩せなど微塵も感じさせず、特にディレイ、リバーブはどこまでも連れて行ってくれる深みがあります。
突き抜けるようなエフェクトのかかり具合は、月並みですが ”気持ちいい” って言葉がぴったりです。

原田季征(G-FREAK FACTORY

 

IMG_4729

MASAKI(CANTA/DAIDA LAIDA)が使用するEx-pro製品

FacebookTwittertumblrGoogle+

ベーシストMASAKIさんのエフェクターボードの配線をリニューアルしました!

MASAKI

 

IMG_4078

 

 

パッチケーブルはPCシリーズで統一。

PCシリーズは生産完了していますが、ミュージシャンの要望により少量ですが追加生産しております。

若干ですが在庫がありますのでお早めに!!

 

パワーサプライは「PS-2」を使用。

 

MB-2

 

上の写真の赤丸部分は、長尺L字型プラグ「NLプラグ」を使用。

NLプラグは写真のように、

障害物となる別のプラグ等に干渉せず接続することが出来るL字型プラグです。

 

ちなみにMASAKIさんが現在メインで使用されているケーブルはFLシリーズです。

 

PC-NLL_v2.2

 

PCシリーズとNLプラグ

 

PS-2_01

 

パワーサプライ PS-2

 

FL_pac_new

 

シールドケーブル FLシリーズ

パッチケーブル「PCシリーズ」

FacebookTwittertumblrGoogle+

パッチケーブル「PCシリーズ」でベーシストのIKUOさんのボードの調整を行ないました。

IMG_3943

 

長尺L字型プラグ「NLプラグ」も使用しております。

ikuo_nl1

PCNL_v2

http://ex-pro.co.jp/product/nl/

 

そしてミュージシャンからPCシリーズのご依頼を未だに多く頂きます。

生産完了となっていますが、市場在庫の他にも若干ですが作ることも可能ですので、

お早めにご注文下さい。

 

他のパッチケーブルとの違いを感じて下さい!

 

店頭に無くても是非お問い合わせ下さい。

Ex-pro:03-3465-0582

 

PC_new

http://ex-pro.co.jp/product/pc-series/

カテゴリー:
NL使用ボード, BLOG, 投稿
タグ :

長尺L字プラグ「NL」に交換

FacebookTwittertumblrGoogle+

お客様より、キーボード用にFAシリーズのケーブルをご購入いただいたのですが、

キーボードのジャックにL字で接続したところ、奥まで入らずに抜けてしまうとの連絡をいただきました。

 

キーボードを確認したところ、背面にある出力ジャックが1段落としこまれた場所にあり、L字型プラグを接続すると線材部分がキーボードの段差に干渉し抜けてしまうという現象でした。

 

fa06_design_hero

例えば上の画像のキーボードも一段落とし込まれた場所にジャックがあるので

ストレートプラグを接続する方がほとんどでした。

 

 

このような場所でもL字型プラグで接続できるのが「NLプラグ」というプラグです。

実用新案も取っているこのプラグだと段差にケーブルが干渉せずにL字型プラグでも接続が可能になります。

IMG_3226

 

左がNLプラグ、右が普通のL字プラグ

 

 

このようにFAシリーズやFLシリーズでも、NLプラグに交換や、NL仕様のケーブルの特注も受け賜っております。

是非お近くの楽器店もしくはEx-proにお問い合わせください。

 

 

NL詳細ページ 

NLプラグ使用ボード~明徳(lynch.)~

FacebookTwittertumblrGoogle+

lynch.のベーシスト明徳さんのボードを新しくしました。

新たに長尺L字プラグ「NLプラグ」を使用しましたのでご紹介いたします。

IMG_2953

 

 

NLプラグ使用箇所

明徳NL2

 

明徳NL1

 

両方ともDCプラグが邪魔になるので、NLプラグで回避しています。

 

NLプラグ詳細ページ

 

lynch. 明徳

akinori

 

  • Page 1 of 2
  • 1
  • 2