BLOG


タグ :

明日「32volt-1000」発売開始いたします!

FacebookTwittertumblrGoogle+

お待たせいたしました!

32volt Clean Booster 1000台突破記念カラーバージョン

「32volt-1000」 本日弊社のチェックを経て代理店様へ発送いたしますので、

早くて明日にでも店頭に並ぶところもあるかと思いますのでお知らせいたします。

32volt-1000

32volt クリーンブースター 製造1000台突破記念カラーバージョン

限定カラーバージョン

2012年6月13日発売開始

 

 

 

タグ :

32volt -1000 広告完成!

FacebookTwittertumblrGoogle+

近日お近くの楽器店さんや雑誌などで目にしていただけるはずです!!

 

 

タグ :

32volt Clean Booster-1000 Memorial Color

FacebookTwittertumblrGoogle+

   

32volt Clean Booster-1000 Memorial Color


「32volt クリーンブースター1000台突破記念カラー」


32volt‐1000


¥29,400  (本体価格¥28,000)


2012年 6月中旬発売予定 (6/11前後)





●前回ご紹介いたしました32volt クリーンブースター 。

おかげさまで製造1000台を突破し、感謝の気持ちを込めまして

このたび1000台突破記念カラーの32voltを発売することになりました。

Ex-pro official Blogにて特設ページを設け、

数回にわたりご紹介していこうと考えております。



発売まで間近となりました1000 Memorial Colorバージョン。

前回アーティストの方のコメントでも触れられておりました32voltの魅力を

あらためてご紹介いたします。



まず、内容を変更せずに発売し続けられる要因とは・・・?

A.他にないからです。

入力されるギターの音色を変化させずブーストするということは、

みなさんが思っている以上に大切なことなんです。

たとえば他のエフェクターでもEQ(トレブルやベースやミドルなど)があると思いますが、

それぞれみなさんの好みの音にするため、スピーカーから出る音を聞いて調整しています。

そしてエフェクターによっても高域や低域などの可変範囲が違いますし、

しかも増幅回路とトーン回路の関係性で複雑に変化する個々のエフェクター同士が

お互いのサウンドを打ち消しあい、本来のギターが持っているサウンドを損なうことになって

しまいます。なので真の1:1(トーンや音色)が作れないブースターだと「クリーンブースター」

と言えないんじゃないか。

つまり・・・入力された信号を本当の意味で劣化させずに出力することが出来るペダルは

32volt」だけなんです。




店頭で試奏するときはどこをチェックするようにしたら良いか?


A.単体で試奏すると32voltの全ての良さを見落とすかもしれません。

単体で試されるときは、まず音色の変化が無いようにセッティングできることを確認してくだ

さい。そうすることで鮮度の高い信号を出力できることがわかっていただけます。

本来は他のエフェクターとの組み合わせで力を十分に発揮できるペダルですので、

ご自信のエフェクターボードを持って行って、間に接続し使用されると普段使っている

エフェクターに対してどのような作用をもたらすかを実感していただけるはずです。

超低ノイズ、広ダイナミックレンジの32voltはバッファーとしての効果も評判で、

ビンテージなどの古いエフェクターとの併用では劣化を抑え、併用するエフェクターの効果も

最大限に発揮できるようにします。

トーンコントロールが無い空間系エフェクターなどで痛い高音が気になった方も結構

いらっしゃると思いますが、そういった場合にも32voltを併用することで極端な音色

変化無く、TREBLEツマミで自然に調整することができます。

「音色を変化させずに〜」っということがどれだけ大切かこの内容でもわかっていただけた

と思います。






という感じで32voltの魅力を、お客様などから頂いたご質問を元に回答方式で

お伝えして参ります。




1000メモリアルカラーの発売日までにあと数回ご紹介いたします。

 32volt 通常カラーバージョン

  32volt 1000台突破記念カラーバージョン

タグ :

32voltクリーンブースター製造1000台突破記念!

FacebookTwittertumblrGoogle+

20006年の発売以来多くのミュージシャンに愛され続けているクリーンブースター「32volt」。

代理店様、楽器店様やプロのミュージシャンの方々皆様のお力添えで広まり続け、

おかげさまでこのたび製造1000台を突破いたしました。皆様には心から感謝をいたします。

とても短いとはいえない期間での製造台数ではありますが、大々的な広告も少なくミュージシャン

の口コミなどだけで広まり、購入者が吟味し自身で納得し購入に至っているのではないでしょうか。

内容を少しも変えることなく(ボディー表記は過去に変更有り)6年間発売し続けていることは、

多用途に活躍できるペダルであり、使えば使うほどその良さを感じていただける、

いわば奥の深いペダルとして存在するからだと自負しております。

そんな32voltクリーンブースターの製造1000台突破記念と感謝の気持ちを込め、このたび

生産1000台記念カラーの32voltを発売することにいたしました。

                                                                                                            

32voltクリーンブースターは、ペダル自体で強制的に「ある種の音」に方向づけることを避け、

プレイヤーが奏でる音色、テクニック・フィーリングを100%表現してもらいたいという思いで、

音色を崩さず・変化させずにブーストできる唯一のクリーン・ブースターです。その当時では珍しかった

内部昇圧電源方式で、動作電圧を9V→32Vに昇圧することで驚異的なダイナミックレンジと超低ノイズ

を実現しています。そしてオペアンプを一つも使わずにしかも1段増幅設計のこのペダルは鮮度の高い音

を出力することが出来ます。ネット上でも話題となった「バッファーとしての評価」も括弧たるものとなっています。

もちろん真空管アンプへの「ドライブ用(通常のブースター)」として、常時ONにしてEQ補正(音質補正)として、

音質劣化の高いペダルとの併用や長いケーブル使用時のバッファーとして、エフェクターボードに無くてはなら

ない存在としてギタリスト、ベーシスト問わずミュージシャンに愛用されつづけているペダルです。

 

 

32volt-1000台突破記念限定カラー・バージョン

32volt-1000 29,400(本体価格¥28,000)

 

32volt 通常カラー・バージョン

 

 32volt 1000台メモリアルカラー・バージョン

発売は6月中旬予定となります。

※限定数終了後は通常カラーに戻ります。

 

主な仕様

コントロール:OUTLEVEL、TREBLE、BASS

最大GAIN:26dB(約20倍)

入力換算ノイズ(JIS):−130dBV

回路動作電圧:32V

電源:DC9V

消費電流:40mA

 

 

 

そして使用ミュージシャン方々からお祝いのコメントと使用レビューをいただきました!!

ありがとうございます!!

 

 
1000台突破おめでとうございます!
ここまでノイズの無いブースターは初めて!
ブースト時のダイナミックレンジもハンパ無い!
音が前へ前へ出てくるこの感じ…
もう離せません!!
Ryo(defspiral)
 
 
音造りの上でいつも一番気にしている事は、アンプ、プリアンプ、D.Iまで原音を出来るだけ損
なわず、正しく届ける事です。それが出来て初めて、持ち上げたい所が持ち上がってくる、音を
正しく操作できると思っています。俺はパッシブベースを好んで使用していますが、やはりバッフ
ァーを使用して音を太くしないといけません。そこで「どれだけ原音を変えずに太くできるか?」
が課題になってきます。32Volt CLEAN BOOSTERをバッファ感覚で使用していますが、奥行
きの無くなったようなブーストはしないし、理想的な増幅をしてくれます。他社の物と比較しました
が、dbをかなり稼げる方だと感じました。その割に驚く程低ノイズ。エフェクト寄りと言うより、ベー
ス本体寄りな感覚ですね。ベースと一体な感覚で、これ無しでは俺の音は成立しません。周りの
P.Aさん、エンジニアさん、ミュージシャンにも非常に好評です。
色んな使い方が出来るみたいで、低音、高音を押さえてガッツリとブーストさせた時のミドルの出
方も良かったので、広い可能性を感じる一台です。長い付き合いになりそうです。
Ex-proのスタッフの熱意のある対応、飽くなき探究心には感謝、脱帽です。
これからも良きパートナーとして頼りにしています!1000台製造おめでとうございます。
長野典二(everset)
 
 
祝1000台突破。
このブースターのお陰で、会場の状態による音質の変化に怯えなくて済むように
なりました。心強い味方が居るので今日もサウンドはバッチリだ!
島 紀史
 

Ex-pro社の製品に共通する「無色透明」な方向性は勿論のこと、内部で32Vに昇圧

することで得られるダイナミックレンジと超低ノイズが特徴のクリーンブースター。だから

こそ出来るセッティングのバリエーションも豊富で、歪みの前に繋ぎゲインアップさせる

ことで“抜け”と“ロング・サスティーン”を演出したり、アンプの直前(エフェクター群の最

後段)に置きフルレンジのままヴォリュームを調整したり、ギター(ベース)やワイヤレス

システムの直後で“バッファー”として使用したり・・・と、一台で何通りもの使い方が出

来るのも魅力。さらに2つのEQを駆使することでサウンド・キャラクターの補正としても

使用可能な優れもの。「32volt CLEAN BOOSTER」は今後も僕の足元から離れるこ

となく、その時々のシーンやシステムに合わせて、大いに活躍してくれることでしょう。                                  

玲央(lynch.)

 

「このペダル、人には内緒にしておきたい位にイイ!初めて繋いだ瞬間にそう思いました。
音の張り付き感、ハイ・ローエンドのエッジ感も最高だし、個人的にはベース弦を新品に
張り替えた時のような気持ちよさがあります。
とりあえずこのペダルが広まってしまうとイイ音出すべーシストが世の中に急増してしまう
のが悔しいような、嬉しいような。」
明徳(lynch.)
カテゴリー:
アーティスト機材紹介

エフェクターボード完成!〜藤咲佑、沙田瑞紀(ねごと)〜

FacebookTwittertumblrGoogle+

つづきまして・・・

 

パッチケーブルをすべてEx-proのPCシリーズで組みたいとのご希望されてエフェクターボードを組みなおした

ガールズバンド「ねごと」のベーシスト藤咲佑さん!

同じくDC電源をPS-1で供給したいというギタリストの沙田瑞紀さん!

 

お二人のエフェクターボードをご紹介いたします。

 

まずはベーシスト藤咲さんの足元は・・・

見かけと裏腹にアグレッシブなサウンドな藤咲さんの足元はEBSのプリアンプを中心に音作り。

頭のACブースターは曲の感じやフィンガリング、ピッキングによる音質補正用かバッファーとしてセッティングされている?(憶測)

次にBLACK CATのオクターブファズ!→EBSのプリアンプの後に→飛び用?のディストーション

そしてEx-proの32voltブースター!しかも旧ロゴ!マニアック&通ですね!基本的にブースト、EQ補正といったところでしょうか。

最後にMXRのステレオコーラスです!

32volt ブースター(現在の表記は32volt clean Booster)は音質を変化させずとにかくナチュラルにブーストする唯一のクリーンブースタです。最近ではベーシストの人にもかなり高評価をいただいている製品で、Ex-proの先駆け的定番ペダルです。バッファーとしても評判です!

そしてパッチケーブルをPCシリーズで統一しました。

ちなみにこのボードはPCシリーズの規格サイズを使用しましたのでお知らせします。

まずはPC-02LL(20cmのLL)、PC-03CRANK(30cmのL型の逆向きL型)、PC-04CRANK(40cmのL型の逆向きL型)×2

PC-04LL(40cmのLL)、PC-02LL(20cmのLL)です。

ご参考にしてみてください。

 

 

続きましてギタリスト沙田さんのボード!!

沙田さんはこのほかにプラスαのペダルがあるためそのスペースを確保。

プロビデンスのPEC-04で3つの歪みを3ループ。

後はシリーズでMICROAMP(曲調に合わせてセッティング)→RAT(ブースター要素で)

FAZZFACE→ピッチシフター→トレモロ→コーラス→ディレイといった順番で配線。

 

沙田さんも同じくパッチケーブルはPCシリーズで統一することにより、

音質劣化(ハイ落ち)を極限まで押さえたセッティングになりました!!

 

今回よりDC電源はPS-1を導入し安定化電源を供給しております!

今までも抜けの良いサウンドでバッキング、リードと演奏されていた沙田さん。

今回新たな力が備わりセンスの良いフレーズに磨きがかかること間違いなしだと思います!!

 

ステージでのサウンドが楽しみです!!

 

 

今後のねごとのサウンドを皆さんチェックしてみてください

 

ねごとofficial website

http://www.negoto.com/

カテゴリー:
30volt limited
タグ :

30volt limited レビュー KOHKI(BRAHMAN)

FacebookTwittertumblrGoogle+

こんにちは

 

前回ご紹介いたしましたBRAHMANやOVERGROUND ACOUSTIC UNDERGROUNDで活動中のギタリストKOHKIさんのエフェクターボード。その中に入っていたEx-pro30volt limited オーバードライブ。

KOHKIさんよりコメントが届きましたのでご紹介いたします。

 

 

 

「30volt limited」を通して弾いた時に感じたこと・・・

レンジが広くて音圧があり、右手のニュアンスが素直に表現できるということ、

あとは自分が持っている数個のオーバードライブ系のペダルの中で、

アンプで少し歪ませた感覚に一番近いということでした。

普段僕はラウドな歪みはメサのレクチで作り、

クリーントーンはバッドキャットで作っているのですが、

クリーントーンのニュアンスを残しつつ少し歪ませたい場合は「30volt limited」をONにします。

今のところ、GAINを9時くらい、TREBLEを4時くらい、BASSは2時〜3時くらい、

MODEは「WILD」、LEVELは使用するギターによって変えるといった感じでしょうか。

エフェクターの歪みが苦手な人や、普段クランチでカッティングやアルペジオなどをメインにしている

人にはすごく向いていると思う。

GAINを上げ目にして歪ませても使えるので結構オールマイティーにいけるんじゃないかな?

いい感じです!!

KOHKI(BRAHMAN/OVERGROUND ACOUSTIC UNDERGROUND)

 

是非参考にしてみてください。

カテゴリー:
ベースプリ
タグ :

defspiral Ryo 「BC-01」 レビュー届きました!!

FacebookTwittertumblrGoogle+

先日defspiralのベーシストRyoさんのベースにEx-proのベースアクティブサーキット「※BC-01」を搭載したお話をしたと思います。http://blog.goo.ne.jp/ex-pro/e/9b57e21a7b311387ef2ef70007589a91

※KEY池袋店さんのオリジナルFenderJapanジャズベースに搭載したプリアンプは「Re:Boost」=「BC-01」

 

そのあとご自身の機材でチェックしてもらい本日コメントが届きました!!!

ご紹介いたします。

 

以下 Ryoさんコメント

 

 

Ex-proベース内蔵アクティブサーキット「BC-01」

 パッシブピックアップの良い特徴を残しつつ電圧増加する…という部分に魅力を感じ、所有しているパッシブピックアップのベースに搭載していただきました。

現状のパッシブ状態の音には満足していたので、アクティブ、パッシブの切り替えスイッチを付けてもらい、比較する事に。

 

 正直、ビックリしました(汗)

 

 ホントにコレ、アクティブなの!?という程、パッシブの音質を生かしたままブースト!

しかも欲しかったローミッドがグイッと出る!

ベースの良いトコロが強調されるイメージです。

 僕は別にアクティブ・パッシブ切り替えの付いたベースを所有していますが、切り替えると全く音質が変わってしまうんですね。

足下のセッティングの兼ね合いもありますし、ステージ中にアクティブ・パッシブを切り替えるという事はしなかったのですが、「BC-01」なら可能です。

 僕の使用はON/OFFのスイッチのみですが、いろんなセッティングが可能なので様々なサウンドメイキングができますね!

 楽器の持つポテンシャルを最大限に生かす為にも是非試していただきたい逸品です。

 defspiral  Ryo

 

 

 

 

ありがとうございます。

 

今後もこのようにプロのベーシストにコメントを頂き、ご参考にしていただこうと思います。

 

 

気になる方はKEY楽器池袋店さんにて試していただけますよ〜

 

そして近日またいろいろ展開がございますので、乞うご期待ください。

 

このたびはdefspiralのベーシストRyoさんどうもありがとうございました。

 

 

 

カテゴリー:
アーティスト機材紹介
タグ :

KOHKI(BRAHMAN)エフェクターボード完成

FacebookTwittertumblrGoogle+

こんばんは

 

100台限定のOVERDRIVE 「30volt limited」残りわずかです!

是非音だしてみてくださいね! 好きな番号見つけてGETしてくださいね!

 

ということで今回はこの30volt limitedを気に入ってGETし愛用していただいている

ミュージシャンをまた一人ご紹介いたします。

 

BRAHMANやOVERGROUND ACOUSTIC UNDERGROUND

で活躍中のギタリストKOHKIさんです。

 

試奏して気に入って好きな番号7番を探してGETされたそうです!

※まだあるんですね〜一桁台も!!

ありがとうございます!

 

クランチサウンドを多様するKOHKIさんはこの30volt limited とアンプはBADCATの組み合わせがベストマッチングだそうです。

 

そして昨日KOHKIさんのエフェクターボードが完成しました!

 

歪み系はケンタウルスと30volt limited。

あとはBOSSのピッチシフター、同じくアナログディレイ、LINE6のDL4、デジテックのリバーブ

の空間系がセッティング!

それをプロビデンスのPEC2でセレクト。

アンプはクリーン・クランチはBADCAT

歪みはメサのレクチと2台切換えて使用されてるらしいです。

パッチケーブルはEx-pro「PCシリーズ」で統一!

ギターからのメインケーブルはFLシリーズを使用!

※OVERGROUND〜の時はアコギで「FAシリーズ」のシールドケーブルを使用されています。

そしてKOHKIさんのご指定でエフェクターボードのカラーは白を作ってもらいました!↓

かっこええですね!

 

後日KOHKIさんの「30volt limited」オーバードライブのレビュー載せますね

 

30volt limited オーバードライブ残りわずか 是非試してください!

カテゴリー:
ベースプリ
タグ :

RYO(defspiral) アクティブ回路搭載ベース

FacebookTwittertumblrGoogle+

前回お知らせいたしましたEx-pro ベース内蔵アクティブサーキット「BC−01」。

 

現在KEY池袋店さんのほうでFenderJapan のジャズベースに搭載し発売してるものです。

そのアクティブサーキットの使用方法は様々で、

アクティブ・パッシブの切り替えSWをつけてもよし

アクティブのままでGAIN調整をつけてもよし

EQのTREBLE、BASSをコントロールできるようにしてもよし

などなど・・・ご使用に合わせてセッティングできます。

 

KEYさんオリジナルのFenderJapanのジャズベースにも搭載されていて、

TREBLEとBASSが二連ポットになっています。

GAINは中の基板上の半固定で変えられるようになっているすぐれもの!

ちなみにKEY池袋店さんオリジナルジャズベースに搭載されているプリアンプは

「Re:Boost」という名前です。現在ではKEY池袋店さんでしか試せない、買えませんので是非!!

絶賛発売中!!http://www.musicland.co.jp/shop/itemdetail/store/77401/81898/

 

 

そして今回ご依頼いただいたベーシストは

defspiralのRYOさんです!

 

昔に作っていただいたオリジナルモデルのベースは

電気系統はジャズベース!

アクティブ化にご興味を持たれて打ち合わせをしました。

 

トーンはフルで使われていたのでトーンの穴を使用します。

 

そしてRYOさんの場合はパッシブ状態でも使用されるとうことで

アクティブ、パッシブの切り替えスイッチとして、

アクティブのON/OFFスイッチをつけます!

 

一番下のポットがトーンでこれにpush/pushのスイッチポットをつけます。

 

基板の大きさは006p(9v電池)より小さいです。

必要な機構に対してハーネスで配線。

今回は電源とスイッチを使用。

 

上から見た感じ↓↓

 

そして↓↓↓

左のツマミがアクティブのON/OFFスイッチです。

 

上の上体はOFF。

 

この状態がON。

 

GAINは調整は中の基板上にあるトリムポットで固定でき、

ON時とOFF時の音量バランスをお好みで決め、あとはONとOFFだけです。

 

今回のRYOさんスイッチポットはあえてスイッチのみ使用しています。

ボリュームは使用していません。今後GAINつけるなりトーンつけるなり出来ますので

一応スイッチ付ポットを採用。(push/pushは本当に便利ですね)

 

見た目でもONかOFFが確認できますし、

ステージ上でとっさにブーストする(アクティブ)時にこのスイッチを押せばブーストしますし、

フィンガリングとピッキングでの使い分けにも便利です。

 

 

それもこれも、「BC-01」というアンプはパッシブ時の音質を極端に変化させずに

増幅できる回路だからなせることなんです。

 

 

次回・・・実際にRYOさんに弾いてもらい感想をいただいてUPいたしますね。

 

カテゴリー:
アーティスト機材紹介
タグ :

テツ(MERRY) エフェクターボード 完成

FacebookTwittertumblrGoogle+

また間が空いてしまいました!

 

え〜今回はいろいろUPしたいことがたまってきてしまい2つの出来事をUPいたします!!

 

まずはMERRYのベーシスト テツさんのエフェクターボードをご紹介いたします。

 

MERRYのメンバーさんは以前よりEx-proのラック式のワイアレスを使われていました。

その流れでたまに会社の方へもいらしていましたが、

今回テツさんからエフェクターボードのご依頼を頂きましたのでご紹介いたします。

 

ひとますこんな感じです↓↓↓

Ex-proのラック式ワイアレスの受信機から→ボードの右真ん中のブースターにINPUT。

その次が→EBSのコンプに入って→3ループのセレクター(急遽作りました)

セレクターの1番に⇔MXRのベースプリ(歪みとしてお使いだそうです。)

2番に⇔左上のプロビデンスのベースディストーション

3番に⇔EBSのコーラス がつながっています。

そしてセレクターから出て→SansAmpのプリアンプに入って→出力!!

 

こんな感じです!

 

パッチは全てPCシリーズで統一!

 

比較的増幅系が多いボードです。それぞれの音色、特徴を活かしEQ補正していくことで

テツさんのサウンドが生まれるんでしょうね!!!

 

そしてパワーサプライは今回から導入されたEx-pro「PS−12A仕様」です!

 

右下のまぶしいやつがPS−1です。

テツさんとミュージシャン仲間との話から一度試され、そして気に入っていただいたみたいです!

ありがとうございます。

 

今後テツさんのサウンド、MERRYのサウンドをチェックしてみてください!!

 

MERRY http://merryweb.jp/news.html