BLOG » Category : "BLOG"



MASAKIが使用するEx-pro製品

FacebookTwittertumblrGoogle+

MASAKIさんより、

以前より愛用されているEx-proシールドケーブル FLシリーズについての

コメントを頂きましたのでご紹介致します。

masaki2

以下、MASAKIさんのコメントです。

プロのミュージシャンは音に最後まで責任を持たなくてはなりません。
そんなミュージシャンの生命線こそがケーブルなのです。
私MASAKIのギター殺しスタイルでは、
ベースだから単に太い音を出すシールドキャラクターより、
いかに音粒を明確にオーディエンスに届けられるかがテーマとなります。
だからこそFLシリーズの芯のある抜けがマストなのです。
ベースからエフェクター、エフェクターからアンプは勿論、
DIからアンプの短いシールドすらもFLシリーズです。
そして、エフェクター間はFTPパッチケーブル。
レスポンスの良さ、見えてくる音像感、それこそがEx-proケーブルの真骨頂でしょう!
MASAKI(CANTA、地獄カルテット、DAIDA LAIDA、LIV MOON)

FL2017
・シールドケーブル FLシリーズ

FTP_pac

・パッチケーブル FTPシリーズ


MASAKI OFFICIAL SITE

Kelly SIMONZが使用するEx-pro製品

FacebookTwittertumblrGoogle+

Kelly SIMONZさんより、

以前より愛用されているEx-proシールドケーブル FLシリーズについての

コメントを頂きましたのでご紹介致します。

 

Kelly_SIMONZ

 

以下、Kelly SIMONZさんのコメントです。

 

僕は基本的に、ギター、アンプ、そしてブースターを3種の神器として

あまり他のエフェクターを使用することもなく極力シンプルなセッティングこそ

自分のトーンを出せると考えているのですが、

そのすべてをつなぐシールドにはある種最もシビアにこだわっているとも言えます。

 

今の時代は僕の若いころと違いあらゆるタイプのシールドがあり

チョイスするのに迷う方も少なくないと思いますが、

僕は基準として「ありのままストレートに出力してくれる」事を重視しています。

 

FLシリーズを使用している理由は、

僕自身ピッキングコントロールで中高音域の出力を変えているのですが

そのニュアンスをしっかりとアンプに伝えてくれる上にレスポンスも早く、

シールドが長くなっても音質は全く変わらないといった所にあります。

アコースティックギターではFAシリーズを主に使用しているのは

アコースティックギターのレンジの広さを考えた、

あくまで特性を最大限に生かしたチョイスをしています。

 

EX-PRO/FL,FAシリーズは僕の4番目の神器ともいえるシールドです。

 

Kelly SIMONZ

 

FL2017

・シールドケーブル FLシリーズ

FA2017

・シールドケーブル FAシリーズ


Kelly SIMONZ Official Site

Jun (Valentine D.C.) が使用するEx-pro製品

FacebookTwittertumblrGoogle+

Valentine D.C.のベーシスト Junさんより、

Ex-proシールドケーブル FLシリーズを

ご使用頂いた感想を頂きましたので

ご紹介致します。

Valentine D.C. Jun

 

以下 Junさんのコメントです。

 

メインの使用ベースがアクティブ→パッシブ→アクティブなどと変化をする中
ケーブルもそれに合わせて多種多様な組み合わせのある状況で選んだのがこの
『FLシリーズ』です
とにかく細かい演奏ニュアンスを濁すことなく音像化し、速いレスポンスと
楽器本来のリアルサウンドを得る事が出来ました
アクティブベースを使用する際、他のケーブルだと必要帯域が損なわれたり
不要帯域が持ち上がったりと苦労する場面がありましたが
この『FLシリーズ』で解決です
「シールド1本でそんなに変わるの?」と思った方はすぐ手に取った方が良いです
JUN (Valentine D.C. )
FL2017
・シールドケーブル FLシリーズ


Valentine D.C. Official Site

 

島 紀史 (Concerto Moon) の使用するEx-pro製品

FacebookTwittertumblrGoogle+

Concerto Moonのギタリスト 島 紀史さんより、

ご愛用頂いているシールドケーブル FLシリーズについての

コメントを頂きましたのでご紹介致します。

 

島紀史2

 

以下、島 紀史さんのコメントです。

 

FLシリーズのケーブルを使い始めさせて貰って長い期間になりますが、
これまでのギタリスト人生でこんなにお気に入りのケーブルは有りません。
音質、取り回しの良さ、耐久性、どれを取っても申し分無しです。
今や自分のサウンド作りの中で、
大切なファクターになっているこのケーブルは手放せません。
サウンド作りで悩んでいたり、サウンドを1段階高めたい方は
絶対に使ってみる事をお薦めします。
視界が開けるような感覚が味わえますよ!

FL2017

・シールドケーブル FLシリーズ

Concerto Moon Official Site


Mina隊長 (FATE GEAR) が使用するEx-pro製品

FacebookTwittertumblrGoogle+

FATE GEARのギタリスト でありコンポーザーのMina隊長より、

Ex-proスピーカーケーブル SPXシリーズを

ご使用頂いた感想を頂きましたので

ご紹介致します。

 

145v

 

以下 Mina隊長のコメントです。

 

スタジオでの練習では、

スタジオレンタルのアンプを使用することが多かったのですが、

SPXを導入したことによりアンプの音がダイレクトに発揮されて

圧倒的に音作りがしやすくなりました!

これでスタジオごとの音作りに悩まされることも無くなります。

 

ステージでももちろんその性能を発揮してくれます。

キメの一つ一つの鋭さが増し、プレイしていて気持ち良いです!

 

Mina隊長 SPX

 

写真でもご確認頂けますが、

Mina隊長はシールドケーブル FAシリーズも愛用されています。

 

SPX_new

FA2017

 

スピーカーケーブル SPXシリーズ

シールドケーブル FAシリーズ

 

 

FATE GEAR Official Site

Seiji & Yuki (D_Drive) の使用するEx-pro製品

FacebookTwittertumblrGoogle+

D_Driveのギタリスト SeijiさんとYukiさんより、

現在 ご愛用頂いているEx-proケーブルについての

感想を頂きましたのでご紹介致します。

 

Seiji

Yuki

 

まずは Seijiさんのコメントからご紹介致します。

 

以下 seijiさんのコメントです。

 

ギターとアンプをつなぐケーブルはとても重要な機材です。
Ex-proケーブルはその役割を安心して任せることのできるアイテムです。

Ex-pro FLシリーズは、とてもバランスが優れており、
ギターやアンプのポテンシャルをストレスなく発揮できるケーブルです。
バランスが上手くとれているケーブルってなかなか無いんですよね・・・
Highが強調されてたりとか逆にLowが強調されてたりとか、
どちらも削られ音質劣化を感じたり・・・
キャラクターの強いケーブルが多いんです。
もちろんそれが狙いの音であれば良いのですが、
殆どの場合アンプやエフェクターのEQで補正することになり
結果ノイズが増える原因になります。
エフェクターを買う前に、まずFLケーブルを試してほしいですね!!

年間100本近くのステージに立っていて思うことは、
音の次に耐久性です。←絶対!
いくら音質が良くてもすぐに不良や劣化が目立つものは
使わないようにしています。←不安で使えません。
Ex-proのケーブルは安心です!
丁寧な仕上げでプラグも凄く頑丈に作られています、
FLシリーズはケーブルが固くなく取り回しに優れていますので
ギターに直接接続するケーブルとしてお勧めです。

FAシリーズも使用していますが、聴感上FLよりも全体に太くリッチな音質に感じます。
ケーブルはFLより太く作られていますので、
その分取り回しに関してはケーブルは固めの特徴がありますが、
エフェクターからアンプに繋ぐケーブルとして接続するのが
とても良い効果が得られると感じました。

そしてパッチケーブルは、FTPシリーズを使用しています。
自分もそうですが、最近はプログラムスイッチャーを
エフェクトボードに組み込む方が多いと思います。
とても便利で重宝しますが、場所をとりますのでパッチケーブルのプラグが大きいと
肝心なエフェクタースペースがかなり削られ設置できなくなります。本末転倒ですね・・・
ソルダーレスケーブルも主流ではありますが、
やはり半田付けがされないのと耐久性という部分では正直不安しかありません。
実際自分の作り方が下手だったのか使用していてトラブルが多くあり
1本1本の原因を探すのに苦労しました。

FTPシリーズはプラグも小さくしっかり半田付けされたケーブルですので
音質や耐久性にとても優れています。
何よりトラブルがなく安心です。
ガンメタっぽいプラグもとてもかっこよく気に入ってます。

今回Ex-proさんにボードをお預けして全てのケーブルを組んで頂きましたが、
ノイズが激的に軽減され音がクリアでかなりびっくりでした!←本当にびっくり!!
そして綺麗に配置された機材はとてもかっこいいですね。
ノントラブルでツアーでも安心して使用しています!
Ex-proさんに職人の凄さを思い知らされました。
本当にありがとうございました。


続いて、Yukiさんのコメントをご紹介致します。

以下 Yukiさんのコメントです。

FLを使用して、低域、中域、そして高域まで気持ち良いバランスで出てくれる印象です。
なのでギターやアンプの音、そしてプレイヤーのニュアンスを素直に伝えてくれます。
パッチケーブルは全てFTP Seriesを使用させてもらっています。
ノイズが明らかに減り、音も芯のある太い音に生まれ変わりました。
NLプラグを使用しているところもあり、
プラグ同士干渉することなくL字のプラグを使用できるのも助かります。
全てしっかりと頑丈に作られているので、
ライブや運搬が多いD_Driveにもピッタリだと思います!


FLシリーズ詳細ページ

FL2017

FAシリーズ詳細ページ

FA2017FTPシリーズ詳細ページ

FTP_pacNLプラグ詳細ページ

FTP_NL2

D_Drive OFFICIAL WEB SITE







 

midori (LOVEBITES)が使用するEx-pro製品

FacebookTwittertumblrGoogle+

現在、Ex-proシールド FLシリーズとFAシリーズを併用されている

LOVEBITESのギタリスト midoriさんより、

FLシリーズをライブやレコーディングでご使用になられた感想を頂きましたので

ご紹介致します。

 

midoriアーティスト写真

 

以下 midoriさんのコメントです。

 

主にライブで使用するギターに合わせてFLを利用していますが、

とてもクリアなサウンドが得られバンドサウンドも引き締まりました。

自分の好きなミッドの部分もしっかり再生してくれるし、

太く存在感のある音が出せるので気に入っています。

しなやかでワイヤードでのライブも苦にならないというのも大きなポイントです。

 

FLシリーズ詳細ページ

 

FL2017

 

 

LOVEBITES Official Site

midori & miho (LOVEBITES)が使用するEx-pro製品

FacebookTwittertumblrGoogle+

8月4日にドイツで開催された

世界最大規模のメタルフェスティバル

「ヴァッケン・オープン・エアー 2018」に

日本人女性だけで構成されたヘヴィメタルバンドとして初めて出演。

 

さらに8月10日のイギリスでの

「ブラッドストック・オープン・エア」では

急遽メインステージでの出演となった LOVEBITES。

 

そのLOVEBITESの midoriさんと mihoさんに

ヴァッケンのステージでご使用頂いた Ex-pro製品を撮影して頂き、

その写真を提供して頂きましたのでご紹介致します。

 

 

midoriさんは国内のライブではワイアレスシステムを使用されていますが、

今回の海外のステージではワイアードで臨まれ、

15m仕様のシールドケーブル FLシリーズを使用されました。

 

LOVEBITES wacken機材 midori

LOVEBITES wacken機材 midori2

 

●シールドケーブル FLシリーズ

 

FL2017

 

 

mihoさんも今回のステージはワイアードでしたので、

シールドケーブル FLシリーズを使用して頂きました。

さらに、先日 当社で組ませて頂いたエフェクトボードを

ライブ初使用!

 

ボード内のパッチケーブルは全て Ex-pro FTPシリーズ。

エフェクター電源供給用ケーブルは DCシリーズです。

 

LOVEBITES wacken機材 miho

 

mihoさんからコメントを頂いていますのでご紹介致します。

 

組んで頂いたボード&FLケーブルで、欲しい帯域をギュッと強められ、

より太くヌケの良い音になったと感じました!

今までで一番良い音でライブが出来たと思います。

ありがとうございます!

 

また、ケーブルソフトケース CSC-1も大活躍だったとのことです。

 

LOVEBITES wacken機材 miho2

 

●シールドケーブル FLシリーズ

●パッチケーブル FTPシリーズ

●エフェクター電源供給用ケーブル DCシリーズ

●ケーブルソフトケース CSC-1

 

FL2017

FTP_pac

DC-LL_NEW_PAC2018

CSC-1

 

 

LOVEBITES Official Site

 

 

 

 

角田直樹 (BLIND GRAPH) が使用するEx-pro製品

FacebookTwittertumblrGoogle+

BLIND GRAPHのギタリストで、MARY RUEのサポートなどでも

活躍されている角田 直樹さんより、ご新規でEx-proシールドケーブルの

ご注文を頂きましたのでご紹介致します。

 

また、FAシリーズをご使用になられた感想も頂きましたので

併せてご紹介致します。

 

IMG_1974

 

 

・FA-5LS FAシリーズ 5m L字×ストレート  ×1

・FA-05LS FAシリーズ 50cm L字×ストレート  ×1

 

FAプラグ2016

 

 

以下、角田直樹さんのコメントです。

 

 

FAシリーズ

 

FAは弾いた瞬間に「全然違う!」と思いました。

特に歪ませた時のローミッド!弾き心地が良いです。

もっとカリッとさせたいなという時はFLを使ってみると

良いかもしれません。輪郭がしっかりあるのにパワーも

あって良いケーブルです。FLを使ってみてローミッドが

もう少し欲しいなと思った時にFAを!自分のシステムや

演奏する曲によって変えていけたら最高ですね!

あとケーブルを踏まれたりするのが結構嫌なんですけど(笑)

FAはぶっといので多少踏まれても大丈夫だろうという

安心感もありますよ(笑)

 

 

BLIND GRAPH Official Site

 

midori (LOVEBITES) が使用するEx-pro製品

FacebookTwittertumblrGoogle+

現在、Ex-proシールドケーブルFAシリーズを

愛用して頂いているLOVEBITESのギタリスト midoriさんより、

FAシリーズについてのコメントを頂きましたのでご紹介致します。

 

_20180405_132917

 

シールドケーブル

・FA-5LS FAシリーズ 5m L字×ストレート  ×1

 

FAプラグ2016

 

以下 midoriさんのコメントです。

 

FAケーブルは音を出した瞬間から

はっきりと差異が分かるほど

今まで色々使ってきたシールドとは

異なる特性のものでした。

クリアでレンジも広くそれでいて音にまとまりがある。

音が太く歪みも乗りやすくそれでいて芯がありブライト。

どこかの帯域を強調するタイプではなく、

非常に素直でギターの音が引き立ちます。

クリーンで弾く時や、エッジの立ちやすい

シングルコイル等のPUが載ったギターとは

特に相性の良さを感じます。

 

DSC_0058

 

LOVEBITES OFFICIAL SITE

 

LOVEBITES-Victor Entertainment

  • Page 1 of 4
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4