BLOG » Category : "ミュージシャンが使用するEx-pro製品"



SUGA (dustbox) が使用するEx-pro製品

FacebookTwittertumblrGoogle+

dustbox のギタリスト SUGAさんより、

ケーブルの追加依頼を頂きましたのでご紹介致します。

 

SUGA

 

 

Ex-proシールドケーブル

・FL-7LS [ FLシリーズ 7m L字×ストレート ] ×2

 

 

dustbox Official Site

佐藤秀樹 & IORI (Larme Belladonna) が使用するEx-pro製品

FacebookTwittertumblrGoogle+

先日、Ex-proに来社された Larme Belladonnaの

佐藤秀樹さんとIORIさんから、

シールドケーブル FAシリーズとFLシリーズの使用感について

コメントを頂きましたのでご紹介致します。

 

 

まずはギタリストの佐藤秀樹さんのコメントからご紹介致します。

 

以下、佐藤秀樹さんのコメントです。

 

早速、本日サポートでギター弾かせていただいている

アーティストさんのリハがあったので使わせていただきました。

本日は女性ツインボーカル、ツインギター、シーケンス多目の

現場だったのですがFA、FLとも埋もれる事なく

しっかりギターの存在感をバンドに与えられたと思います。

昨日の印象ですとレンジ感的にFLかな、と思っていたのですが
いざ現場でバンドアンサンブルに入ってみると個人的にはFAの方が
よりギターの存在感や音圧を感じ、
とても弾き手にとって気持ちのいいサウンドになりました。
ギターの美味しいミドルの部分をしっかり押し出してくれたおかげで
音数が多いアンサンブルの中でもしっかりとギターの主張を出すことができました。

ミドルがもちあがる=高域が削れる、もこつくというイメージもありましたが、
そうではなくしっかりハイのレンジ感を残したままのサウンドでした。
表現が正しいかわかりませんが、いわゆる耳障りなハイの部分の音粒を
FAが太くしてくれるおかげでキツさが消え、
耳障りのよい音になってるかなという印象でした。
とにかくギターらしい部分をしっかり出してくれるFAが最高でした。
超気持ちがよかったです!

現場や環境によって必要なものが変わってくる可能性もありますので、
FLも並行して使用させていただきたく思いますが、
多分このままFA派になるかと思います!

 

 

続いて、ベーシストの IORIさんのコメントをご紹介致します。

 

以下、 IORIさんのコメントです。

 

1番最初にEx-proのケーブルを試させてもらったのは、

メンバーのSHOHEIからアコースティックライブの時に

FAシリーズを借りて使わせてもらった時。

凄く音に艶が出た印象でかなり気に入って、

今回紹介していただき、FLシリーズとFAシリーズを使わせていただける事になりました。

試してみて一番思ったのは「凄く素直に音を出してくれる!」でした。

プレースタイル的に指弾きで歪ませてスラップやタッピングもするので

音抜けをかなり気にするのですが、このFLシリーズは凄く抜けるのに

しっかり低音も綺麗に出してくれるし、つまみなどで低音を上げなくても

いい低音を出しつつフレーズがしっかり抜けて聴こえてくるので

とても自分好みのケーブルでした!

指弾きでのアタック感を素直に出してくれるのでアンサンブルでも埋もれない

自分のフレーズが綺麗に聴こえてくるとても優秀なケーブルです!

5弦ベースの低音感でもしっかり抜けてくる印象でしたし、

音がこもりやすい方や早弾き、スラップ、タッピングをする人にはとてもオススメです。

FAシリーズの方はとにかくローミッドが綺麗に上がってくれて、

スラップだったりリフを弾くのが凄く気持ちよかったです!

こちらは逆にもう少し低音にパンチが欲しい時やパッシブのベースとかにも凄くいいと思いました!

レコーディングだったりアコースティックの現場など

かなり活躍する場の多いケーブルですし、FLシリーズもそうなんですが

欲しかったところをしっかり伝えてくれるイメージです!

自分はレコーディングの時に曲調でケーブルを変えてたので、

この2本はまさに欲しいところに手が届く最高なケーブルで、

レコーディングだけじゃなくライブハウスの環境によってFLとFAを使い分けようと思います。

Exproのケーブルを使い分けられるなんてとても光栄なことですし、

ボード周りやアンプ周りのパッチなども色々試したくなりました!

これからも何卒宜しくお願い致します!

ぜひ皆さんも音作りの参考になさって下さい。

Larme Belladonna Official Site

一ノ瀬 (絶対倶楽部) が使用するEx-pro製品

FacebookTwittertumblrGoogle+

絶対倶楽部のベーシスト 一ノ瀬さんに

昨日、FAシリーズといFLシリーズについてのコメントを頂きましたが、

なんと本日はパッチケーブル FTPシリーズについてのコメントも頂きましたのでご紹介致します。

 

 

以下、一ノ瀬さんのコメントです。

 

この度ボードの組み替えをしていただき、

パッチケーブルをFTPシリーズに交換していただきました。

まず見た目がとてもスタイリッシュ!

ケーブル部分が細いので、エフェクターをもう一個追加したくなっても

大丈夫なくらいにスペースの余裕ができました。

特にNLプラグが良い仕事をしてくれていて、

DCプラグがあるせいでうまく収まらなかった部分が綺麗にまとまりました。

音も以前よりクリアに聞こえるようになったおかげで、

エフェクターの効きがよくなりました。

環境に合わせて微調整したい時に、

その僅かな差をきちんと出してくれるのでとても助かります。

今までパッチケーブルには拘りが無かったのですが、

今後は全部FTPシリーズに揃えたいですね!

 

絶対倶楽部 Official Site

アーティストコメント~goe (aphasia) ~

FacebookTwittertumblrGoogle+

aphasiaのギタリスト goeさんより、

Ex-proとの出会いから現在まで使い続ける理由など、

貴重なコメントを頂きましたのでご紹介致します。

 

 

以下、goeさんのコメントです。

 

私がEx-proのシールドを本格的に使い始めたのは

初代社長の近藤さんから

「これ使ってみてよ、goeちゃんの音に合ってると思う」と

FAシリーズのシールドを送って頂いてからです。

それ以前にもEx-proのシールドやワイヤレスは使ってて気に入ってたんですが、

頂いたFAをマーシャルにダイレクトに突っ込んで鳴らした瞬間余りの音圧に驚きました。

すぐに近藤さんに

「とんでもなく好みの太さの音出ました!ありがとうございます!」と電話したら

「もっと色々試しにウチおいでよ、大きな音で試奏も出来るからエフェクターも色々試してみて」と言って頂き、

当時下北沢にあったEx-proに何回か通わせて頂きました。

色んなエフェクターを次から次へと試させて頂いて、

親身に私の音作りの相談にのって頂き凄く嬉しかったのを覚えています。

使い始めて10年たってるにも関わらず、

何のトラブルも無く今だに太い音を出し続けているFAには驚きです。

aphasiaも今年で結成25周年。

様々なギター、エフェクター、アンプ、シールド等を試してみましたが

FAの音が好きすぎて、結局ワイヤードでブースターのみと言う所に行き着きました。

これだとシールドで音が大きく変わってしまうので

私のサウンドにFAは欠かせない物になっていました。

今回試させて頂いたFLは、FA程では無いにしても充分に太い音が出て

私のジャクソンとの相性も良い上、

取り回しが良くライブでワイヤードでやるには非常にやり易くなりました。

 

これからもよろしくお願いします!

 

 

aphasia Official Site

HIDE-ZOU (D) が使用するEx-pro製品

FacebookTwittertumblrGoogle+

Dのギタリスト HIDE-ZOUさんより、

ケーブルの追加依頼を頂きましたのでご紹介致します。

 

HIDE-ZOU

 

Ex-pro シールドケーブル

・FL-02LL [FLシリーズ 20cm L字×L字] ×1

・FL-05LL [FLシリーズ 50cm L字×L字] ×1

 

FL-02LL

 

 

FLシリーズ詳細ページ

 

シールドケーブル FLシリーズは、パッチケーブルとして使用できる

短いタイプもレギュラーラインナップされています。

 

パッチケーブル FTPシリーズと併せて、サウンドシステム構築に

ご活用下さい。

 

D Official Site

 

 

新井崇之 (LIPHLICH) が使用するEx-pro製品

FacebookTwittertumblrGoogle+

先日 Ex-proモニターになられた

LIPHLICHのギタリスト 新井崇之さんより、

シールドケーブル FLシリーズについての

コメントを頂きましたのでご紹介致します。

 

新井崇之(LIPHLICH)

 

以下、新井さんのコメントです。

 

弾いた時のレスポンスが早くなった気がします。

パワーコードを弾いた時に今まで身体で感じなかった音圧を感じました。

音がしっかりと前に塊になって出てくる印象です。

良い感じに引き締まりました。欲しかった部分が出てくれてます。

クランチサウンドでコードを弾いた時は各弦の音が綺麗に聴こえてきました。

ただ音が太くなる成分が強調されるだけでは無いところが素晴らしいです。

結果、音の抜けも抜群に良くなり

ソロを弾いた時の音の力強さや艶がより出てきて気持ち良いです。

ここまで変わったのは本当にビックリでケーブル類は全部買え揃えたいなと思いました。

バンドアンサンブルにとてもいい効果を足してくれました。

最高です。

1新井ボード

2新井ボード

FL2017

Ex-pro シールドケーブル FLシリーズ詳細ページ

足元のボードからアンプに繋がるケーブル1本でも

ここまで音に違いが出ます。

ぜひ皆様もサウンドシステム構築の参考になさって下さい。

LIPHLICH Official Site

一ノ瀬 (絶対倶楽部) が使用するEx-pro製品

FacebookTwittertumblrGoogle+

本日、絶対倶楽部のベーシスト

一ノ瀬さんが来社されました。

 

一ノ瀬来社2019.11.08

 

先日お預かりしたエフェクターボードを使いやすいようにレイアウトを変更し、

Ex-proケーブルで組み直しましたので本日はそのお渡しです。

 

今回、こちらのボードを

 

一ノ瀬ボード9

 

 

このように組み直しました。

 

一ノ瀬ボード1

 

使用したパッチケーブルは Ex-pro FTPシリーズ

エフェクター電源供給用ケーブルは DCシリーズです。

 

FTP_pac

DC-LS_NEW_PAC2018

 

 

一ノ瀬さんがボード内のエフェクターでライブ中にON/OFFを切換えるのは、

チューナーとしても使用しているワイヤレス受信機と

左端のプリアンプだけとの事でしたので、

ワイヤレス受信機をボードの手前に配置しました。

また、このボードは落とし込みなので、この位置ですと

ライブ中に送信機にトラブルが起きて 急遽ワイアードで対応する事になった時に

受信機のインプットジャックが使用出来ません。

そこで、台座を設けて受信機を底上げしました。

 

一ノ瀬ボード8

 

これで万が一の時も安心。

 

レコーディングの際はワイヤレス受信機は介さず

一番最初の信号の入口がコンプレッサーになりますが、

隣のパワーサプライが邪魔でパッチケーブルとシールドケーブルの抜き差しがしづらいので、

 

一ノ瀬ボード2

 

ここも台座でコンプレッサーを底上げして、

ケーブル差し替えの際にパワーサプライに手がぶつからないように配慮しました。

 

コンプレッサーから信号はオーバードライブへ流れ、

次にプリアンプへと流れていきますが、

一ノ瀬さんはライブで使用するオーバードライブを

レコーディングでは外す事の方が多いとの事です。

そこで、ボード手前のエフェクターは縁に寄せるのがセオリーですが、

オーバードライブの位置を工夫し、隣のプリアンプとジャックの位置が前後でズレるように

配置しました。

 

一ノ瀬ボード7

 

これにより、エフェクターをボードから外さなくても

簡単にどちらのプラグも外す事が出来ます。

その結果、

 

一ノ瀬ボード10

 

一瞬でレコーディングバージョンに早変わり。

オーバードライブを介さず、コンプからプリアンプへの

手動バイパスです。

 

一ノ瀬ボード6

 

こういう接続も可能。

プリアンプのインプットジャックに挿さっているプラグは、

DCケーブルのプラグ等の障害物を避けるEx-pro独自のプラグ「NL」です。

 

FTP_NL2

 

 

そして、最終的な信号の出口となるグラフィックイコライザーのアウトプットジャックも、

このままでは使用出来ませんので、台座で底上げして使用可能に。

 

一ノ瀬ボード5

 

最後に細かい部分ではありますが、

パワーサプライのアダプターにマジックテープを付けて、

 

一ノ瀬ボード4

 

ボードの空いているスペースに貼り付ければ、

運搬時にアダプターが暴れてツマミの設定を変えてしまう事もありません。

 

一ノ瀬ボード3

 

 

参考になりましたでしょうか。

 

NLプラグは

Ex-proシールドケーブル FLシリーズFAシリーズ

アコースティックギター専用シールドケーブル SOUND WOOD

Ex-proパッチケーブル FTPシリーズ

に対応しており、セミオーダーでどなたでも入手可能です。

特にパッチケーブルに使用すれば、エフェクターのDCジャックの位置は

メーカーや機種によって様々ですので、ボードを組む際に重宝すると思います。

 

詳しくはこちらをご覧下さい。

NLプラグ詳細ページ

 

 

一ノ瀬さんは現在、シールドは Ex-pro FAシリーズを使用されていますが、

今回、FLシリーズも試して頂く事になりました。

 

FA2017

FL2017

 

 

今後どちらがメインとなるのか、

ファンの皆様は要チェックですね。

 

 

絶対倶楽部 Official Site

 

 

 

 

Ex-pro新規モニター紹介~新井崇之 (LIPHLICH) ~

FacebookTwittertumblrGoogle+

エンターテイメントロックバンド LIPHLICH のギタリスト

新井崇之さんが、新たにEx-proのモニターになられました。

 

また、ケーブルのご依頼も頂きましたので

併せてご紹介致します。

 

新井崇之(LIPHLICH)

 

・シールドケーブル FL-6LL [ Ex-pro FLシリーズ 6m L字×L字 ] ×1

 

FA LL

 

シールドケーブルでプラグ形状がL字×L字というのは

楽器店の店頭ではなかなか見かけない珍しいタイプだと思いますが、

Ex-proのシールドFLシリーズ、FAシリーズ及び、

OPREXシールドケーブル ORシリーズには

全レギュラーサイズにL字×L字仕様がラインナップされています。

 

新井さんはステージ足元からアンプまでを繋ぐのに使用されるとの事です。

ライブ用システムを組むにあたって、

新井さんのようにL字×L字の長いケーブルが欲しいという方は、

ぜひお近くの楽器店さんにご相談下さい。

 

 

LIPHLICH Official Site

 

IKUO,sebastian(BULL ZEICHEN 88)が使うEx-pro製品

FacebookTwittertumblrGoogle+

11月1日のBULL ZEICHEN 88のツアーファイナルにご招待頂きました。

 

BULL ZEICHEN 88は

ヴォーカリストの栄二郎さん

ギタリストのsebastianさん

ベーシストのIKUOさん

 

が、Ex-proモニターです!

 

栄二郎

sebastian

IKUO_2015

 

 

終演後に楽屋にご挨拶に伺った際に、

sebastianさんとIKUOさんより、ケーブルの追加依頼を頂きましたので

併せてご紹介致します。

 

 

sebastianさん

 

シールドケーブル

・FL-7LS FLシリーズ 7m L字×ストレート ×2本

・特注 FL-07SS FLシリーズ 70cm ストレート×ストレート ×2本

 

FLプラグ2016

 

 

IKUOさん

 

シールドケーブル

・FA-4LS FAシリーズ 4m L字×ストレート ×1本

 

FAプラグ2016

 

特に注目なのは、IKUOさんからのご依頼のFAシリーズ。

 

IKUOさんはこれまでEx-proシールドケーブル FLシリーズを

ご愛用されていましたが、今回はFAシリーズを試してみたいとのことです。

 

過去にFLシリーズとFAシリーズを試された時はベースのピックアップが

「ハムバッカー ×2」でしたので、FAだとパワーがありすぎたとのこと。

現在、IKUOさんが使用されているベースはシングルコイルですので、

逆にFAシリーズが今の嗜好に合うかもとのことです。

 

今後、FLシリーズからFAシリーズへのシステム変更があるかもしれません。

ファンの皆様は要チェックです!

 

BULL ZEICHEN 88 Official Site

 

ENRIQUE (BARBEE BOYS) が使用するEx-pro製品

FacebookTwittertumblrGoogle+

BARBEE BOYSのベーシスト ENRIQUEさんより、

ケーブルの追加依頼を頂きましたのでご紹介致します。

 

enrique

 

FA2017

 

・シールドケーブル

FA-15SS [FAシリーズ 15m ストレート×ストレート] ×1

FA-7SS   [FAシリーズ  7m ストレート×ストレート] ×2

FA-5SS   [FAシリーズ  5m ストレート×ストレート] ×1

 

BARBEE BOYS Official Site