BLOG » Category : "BLOG"



マルチケーブル&マイクケーブル

FacebookTwittertumblrGoogle+

La’cryma ChristiのドラムスLEVINさんが手がけるレコーディングスタジオ「lab.L(ラボ・エル)」

ではほとんどのケーブルをEx-proのケーブルを採用していただいております!!

 

 

先日マルチケーブルの改造にもお邪魔させていただき、

D-subとXLRコネクター盤のマルチをスタジオで製作いたしました。

 

IMG_5215

IMG_5211

 

マイクケーブルは、Ex-proバランスケーブルで全て製作

http://ex-pro.co.jp/product/cc_series/

 

コンプ「Urei」用のケーブルもこのバランスケーブルで製作しております。

IMG_5216

 

レコーディングスタジオで必要なケーブルもEx-proでは製作しております!

 

是非ご相談下さい。

 

LEVINさんやエンジニアさんには製品開発などにもご協力いただいておりますので、

今後もレコーディングに特化したケーブルも発表していけると思います。

 

 

lab.L

http://labl.tokyo/index.html

 

ケーブル専用ソフトケース完成!

FacebookTwittertumblrGoogle+

ケーブル専用ソフトケースが完成しました!

 

FullSizeRender

 

 

店頭発売は5月27日以降になると思いますので、お早めにお近くの楽器店さんへご注文ください!

 

 

「ケーブルを大切にしよう」キャンペーン

ケーブル専用ソフトケース CSC-1

 

・定価:2900円(税抜)

 

・5mケーブル×5本収納可能

 

CSC-1_5

CSC-1_2

 

ケーブル専用ソフトケース

CSC-1 詳細ページ http://ex-pro.co.jp/product/csc-1/

タグ :

New パッチケーブル 完成間近

FacebookTwittertumblrGoogle+

Ex-proのパッチケーブル「PCシリーズ」が生産完了となり、

新たなパッチケーブルの試作を繰り返しておりました。

 

そして今回完成に近づいてきましたので一部だけお知らせいたします。

 

 

 

「PCシリーズ」でも重要視していた、「高音質/高柔軟性/高耐久性」を

今回のパッチケーブルでは新たな着眼点で実現しました。

 

パッチケーブルはエフェクターボード内で5本や10本、多い人では20本以上の本数を使用します。

ですので、ケーブルがもたらす”ロス”をどこまで押さえるかがポイントになってきます。

なまってしまう音色や、ハイ落ちしてしまう音、そのような劣化を極限まで抑えて、

より「エフェクトされた音をロス無く伝える」を重視したケーブルです。

 

柔軟性に関しては、音質を崩さない程度に外径を細くし、業界で初めて採用した内部絶縁材により、

細くて柔らかい線材が出来上がりました。

 

そして耐久性にもこだわり、社内で行ったいろいろな耐久テストでその実戦力を確認しました。

 

 

 

 

今回はこの辺りで、

また次回画像や詳細を発表いたしますのでご期待下さい。

 

 

ケーブル専用ソフトケース試作第二弾

FacebookTwittertumblrGoogle+

先日すこしだけお知らせしたケーブル専用ソフトケースがすごい反響が有りましたので、

なんとか発売を早めれるように現在進めております。

 

先日のケーブル専用ソフトケースのフェイスブックの記事のリーチが1万を超えたり、

これに関しての電話やメールなどの問い合わせが相次いだということで、

大変ありがたく思っております。

 

ということで、第2弾の試作が完成し、いよいよ量産というところまで来ましたので、

詳細を少し発表いたします。

 

前回の第一弾試作からの変更点はベルトの取り付け方法です。

新たにDカンとナスカンで取り付けれるようにしました。

そうすることにより、付け根の強度が上がり、自由な方向に動くようになりました。

そしてもっと長いベルトに付け替えることも出来ます。

そして、手持ち用の取っ手をつけました。

発売日:5月末予定

価格:3000円前後予定

サイズ:直径25cm 厚み8cm

CSC-1

ケーブル専用ソフト・ケース

ギターのギグバッグのポケットやギターのハードケースの隙間、エフェクターボードに無理やり収納され持ち運びをされているケーブル達。持ち運び時に無理な負担をかけ断線の原因になていることがよく有ります。ケーブルだけをストレスフリーで収納し持ち運べるケースを作りたいと考えて早6年が経ちましたが、今回ようやく形となり販売することが出来ます。ツアーバンドさんはケーブルだけを入れる収納BOXを用意されてるのを良く見かけますが、ギターを背負ってライブハウスやスタジオワークをされるミュージシャンにとっては、ギグバッグのポケットやエフェクターボードに他の機材と一緒に無理やりに入れているのが現状だと思います。普段ライブなどではどの機材よりも踏まれることが多いケーブルです。収納し持ち運ぶ時にだけでも特別扱いしてあげて下さい。他にACアダプターやその他のアクセサリー関連も一緒に収納できると思いますが、このソフト・ケースはあくまでもケーブル専用です。ケーブル専用にすることにより、ケーブルやプラグにキズや負担をかけることなく持ち運べるので、断線などのトラブル回避につながります。「ケーブルを大切にしよう」をコンセプトに発売する製品です。

CSC-1_2

CSC-1_3

収納容量

直径25cm、厚み8cmで内容量はFLシリーズ(Φ6.3)の5mが5本入ります。例えば、5mのケーブルを2本と2mの電源ケーブル、1mのスピーカーケーブル、パッチケーブル3~4本の収納が可能です。少ない本数でも固定ベルトが着いていますので、1本だけでも収納可能です。

CSC-1_5

CSC-1_6

持ち運び方法

もちろん取っ手も付いているので手持ちも問題ありませんが、ギグバッグやギターのハードケースにも取り付ける(引っ掛ける)ことを前提に設計しています。ベルトはDカンとナスカンで取り外し可能なのでギグバッグやハードケースはもちろんエフェクターボードなどにも取り付けて運べます。このケースのベルトはギグバッグなどに取り付けれるように短いベルトを採用していますので、長いベルトが必要な方はDカンからベルトを取り外し、ナスカンの付いた長いベルトに取り替えることも出来ます。

ケーブル専用ソフトケース!

FacebookTwittertumblrGoogle+

ギグバッグやハードケースのポケットや隙間に押しやられて収納されたり、エフェクターボードに無理やり詰め込まれているケーブル達・・・

ケーブルメーカーとしては残念でなりませんでした。

 

ツアーバンドさん達はケーブルだけまとめて収納ボックスを作って入れられておりますが、

ギターケース背負ってエフェクターボード持ってスタジオやライブハウスを行き来されているミュージシャン達には是非ケーブルをきちんと収納してもらいたい!

そんな思いの下、構想から少し経ってしまいましたが第一弾「ケーブル専用ソフトケース」の試作が完成しました!

IMG_3753

IMG_3771

あくまでもケーブル専用というところ。ケーブルだけを入れるために作りました。

 

他に何か入れてもいいですが、あくまでもケーブル達を守るのがこのケースの使命です!!

 

ケーブルに変なストレスかけずに持ち運びして下さい!

 

IMG_3769

 

IMG_3768

大体5mのケーブル6本は入るので、

例えば、5mのケーブルを2本と電源ケーブル2m1本、スピーカーケーブル1m1本

パッチケーブル4~5本 を入れても十分に収まる容量です!

 

IMG_3758

 

IMG_3760

 

ギグバッグはもちろん、アコギのハードケースや、エフェクターボードにも引っ掛けることが出来るので

とても便利です。

 

上に手持ち取っ手も取り付ける予定です。

 

これを機に是非ケーブル収納を見直してみてください!

 

まだ試作なので、改良を加えて7月には発売したいと思います!

 

 

 

タグ :

DCシリーズにラインナップ追加

FacebookTwittertumblrGoogle+

ご好評いただいております、Ex-pro 高音質「DCシリーズ」にストレートプラグが新たにラインナップします。

 

今まではDCプラグはL字型プラグ×L字型プラグだけのラインナップでしたが、

DC2

 

 

たくさんのご要望がありましたので新たにL字型プラグ×ストレートプラグをラインナップすることになりました。

 

IMG_3444

 

4月発売に向けて進めておりますので、詳細が出ましたらあらためてお知らせいたします。

タグ :

アコースティック・ケーブル「SOUND WOOD」

FacebookTwittertumblrGoogle+

待望のアコースティックケーブルをついに製品化します!

 

その名も「SOUND WOOD」。

SOUNDS GOODというポジティブな言葉から名づけたこのケーブルは

その名のとおり、木がもたらすあたたかいアコースティックサウンド!

 

プラグキャップの木は何種類かの中から音色だけで選び、一番あまくて延びのある音だったカリン材を採用。

プラグキャップの天然の木と、アコースティックサウンドにマッチする線材、Ex-proオリジナルプラグの出会いが

アコースティックギター用ケーブルの常識を一新します。

 

発売日:7月末

長さ :3m 5m

プラグ:ストレート×ストレート

L字×ストレート

価格 :¥8800~

 

SOUNDWOOD1

 

NEWイヤモ二システムT-200/R-200詳細発表

FacebookTwittertumblrGoogle+

ワイアレス・イヤーモニターシステム「T-100/R-100」の後継機

「T-200/R-200」の詳細ページが完成いたしました。

 

T-200/R-200詳細ページ

 

発売日が決定次第またご報告いたします。

T-200_R-200_1

アコギ用ケーブルのプラグキャップ試作!

FacebookTwittertumblrGoogle+

以前ブログでも発表しましたアコギ用ケーブル!

 

プラグキャップの試作が完成し、ただ今最終的なチェックに入っております!

 

acocable

あとはプラグキャップの木の種類を決定するのですが、

木の種類でかなり音が変わります。この試奏が結構楽しいんです!

 

線材もある程度決まってきましたので、近日詳細を発表できると思います!

 

あたたかい音色のアコギ用ケーブル。もうしばらくお待ちください!

 

ロングスリーブL字フォンプラグ「NL」発売!

FacebookTwittertumblrGoogle+

いろいろなミュージシャンのエフェクターボードをセッティングしていると、なかなか思い通りにパッチケーブルを這わせないことがあります。

エフェクターのINPUTジャックやOUTPUTジャックの側にDCジャックがあり、DCプラグが邪魔で思い通りにL字プラグのパッチケーブルでは配線できないという経験が皆さんもあると思います!

手前から這わしたいのにDCプラグが邪魔だから遠回りして這わしたり、L字プラグではさせないからストレートプラグで接続したりと・・・

 

そんなときにはこの長尺L字型フォンプラグです!

 

話だけではわかりづらいので、写真をご覧ください。

NLL

左が通常のL字プラグで、右側が長尺L字型フォンプラグ。スリーブ部が長くなっているのがわかります。

そうすることによって・・・

 

接続例1

↑このようにDCプラグに接触せずに、思い通りの方向にパッチケーブルを這わすことができるということです!

 

無理やり挿すとDCジャックが壊れたりとトラブルの原因になってしまいます。

 

他にも・・・

接続例3

ワウペダルのジャックも少し落とし込まれていたり、同じくDCジャックが邪魔だったりしますが、これもこの長尺L字で解決します。

NLボードUP2

また↑このようなエフェクターもよく見ますが、このように綺麗にトラブル無く配線できるようになります。

他には・・・

guitar_in

落とし込まれたギターのジャックにもL字型プラグが挿せるようになります!

 

新しい発想(Neo)から生まれた斬新的(Novelty)な長尺L字型フォンプラグ「NL」は、アーティストとギターテックからの声を基に、イーエクス・プロと(株)神田商会による共同企画により誕生しました。

 

この長尺L字型フォンプラグ「NL」をPCシリーズとPCRシリーズに採用し、新たにラインナップに加え発売します!

 

本日4/7日に出荷完了しましたので、早ければ明日4/8、4/9には楽器店に並ぶはずです。

 

発売日:4月9日 ※お求めはお近くの楽器店で、店頭に無ければご注文ください。

詳細ページ:近日Ex-proのHP内に公開予定

※実用新案登録出願中

  • Page 1 of 3
  • 1
  • 2
  • 3